2009年05月26日

【VOR】激戦PU対T.Blue

VOR17291.jpg
大西洋レグを制し、第7レグでも圧倒的な強さをみせたEricsson 4。photo by Dave Kneale/Volvo Ocean Race

 アメリカ・ボストンからアイルランド・ゴールウェイまで2550マイルを走ったVOR大西洋横断第7レグ。今回も出場した7チームは接近戦をくり広げました。中盤から集団をリードしたEricsson 4が24日0:54にフィニッシュした後、立て続けにPUMA、Green Dragon、Telefonica Blueが分刻みでフィニッシュ。ボストンのインポートレースでTelefónica Blueに差を広げられたPUMAとしては、絶対に負けられないレグをなんとか乗り切りました。第7レグでTelefonica Blueに2ポイント詰めたことは大きいでしょう。VORは欧州に入り、最終局面を迎えますが、2、3位争いが超白熱してきました。がんばれ、PUMA!

Leg 7 Finishing Order Galway:
1. Ericsson 4: 8 points
2. PUMA: 7 points
3. Green Dragon: 6 points
4. Telefonica Blue: 5 points
5. Delta Lloyd: 4 points
6. Telefonica Black: 3 points
7. Ericsson 3: 2 points

Overall Leaderboard (Provisional)
1. Ericsson 4 (Torben Grael/BRA) 92.0 points (FINISHED)
2. Telefonica Blue (Bouwe Bekking/NED) 77.5 points (FINISHED)
3. PUMA (Ken Read/USA) 76.0 points (FINISHED)
4. Ericsson 3 (Magnus Olsson/SWE) 60.0 points (FINISHED)
5. Green Dragon (Ian Walker/GBR) 52.0 points (FINISHED)
6. Telefonica Black (Fernando Echávarri/ESP) 36.0 points (FINISHED)
7. Delta Lloyd (Roberto Bermúdez/ESP) 29.5 points (FINISHED)
8. Team Russia 10.5 points (DNS)

VOR17315.jpg
約12分差で2位争いを競り勝ったPUMA。photo by Sally Collison/PUMA Ocean Racing

VOR17301.jpg
フィニッシュに沸くゴールウェイ。photo by Rick Tomlinson/Volvo Ocean Race

vorgeme05.25.jpg
VORゲームのBULKHEAD号は、大島レース出場中に2回連続でロック(陸へ乗り上げてストップ)。順位を3万位落としていました。まあ、仕方ありません。。。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
ダウンアンダーセイリングジャパン
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:29| Comment(0) | 外洋レース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。