2009年06月15日

アビーム原田/吉田、優勝

 風が弱く、消化不良感を残して迎えた470欧州選手権最終日(オーストリア・トラウン湖)。最終日は、少しでも多くのレースを成立させるために早朝6時に出艇し、朝の風で1レースをおこないました。しかし、その後、風は吹くことなく、メダルレースをおこなえないまま大会終了となりました。

 日本男子の原田/吉田は、最終レースをトップフィニッシュで、クロアチアを再度逆転、初の海外遠征レース優勝を果たしました。原田/吉田は3月から欧州遠征に出発。プリンセスソフィア(スペイン)、イエールSOF(フランス)、ガルダ(イタリア)、デルタロイド(オランダ)等のロングロードに出発し、経験を積み重ねました。

 彼らの2009年度の目標は「世界ランキング25位以内に入ること」。北京まではアビーム女子チームのサポートに徹してきましたが、自分たちのキャンペーンがはじまり、この長期遠征で成長できたのではないでしょうか。

 彼らと最後に会ったのは、3月のナショナルチーム合宿(国立スポーツ科学センター)でのことです。「見ていてくださいよ。世界をアッと言わせてきますから」と話したことが思い出されます。

 「バルクヘッドマガジンは、470男子ナショナルチームには厳しい記事を書きますね」とよく言われます。特別に意識しているわけではありませんが、本音をいうと日本の470男子はもっと強くなれるはずだ、と考えています。その気持ちから、厳しく映る記事になっているのかもしれません。

 ヨーロッパ選手権で優勝した彼らは、日本が誇るべき素晴らしい結果を残しました。原田/吉田、本当におめでとう!

◎原田/吉田の主な欧州遠征成績
 W杯第3戦 プリンセスソフィア 21位
 スプリングカップ 4位
 W杯第4戦 イエールSOF 5位
 オリンピックガルダ 5位
 W杯第5戦 デルタロイドレガッタ 9位
 470ヨーロッパ選手権 1位

 また、女子の近藤/田畑も2位を保守し、銀メダルを獲得しました。優勝は、北京キャンペーンからのライバル、イタリアのConti/Micolです。近藤/田畑はデルタロイドで優勝、そして本大会で準優勝の結果を残しました。まだ経験の浅いチームですが、だんだん地盤を固めつつあります。

 この後、原田/吉田と小松コーチは、トランスパックヨットレース出場のため6月後半にサンフランシスコへ。近藤/田畑は、ドイツで開催されるキールウィークに出場予定です。

Open European Championship for Man and Mixed Crews
1. JPN Harada Ryunosuke / Yugo Yoshida 38p 8-4-9-1-1-[42/DNC]-14-1
2. CRO Fantela Sime / Marenic Igor 43p 2-1-5-1-[21]-21-7-6
3. GER Zellmer Lucas / Seelig Heiko 57p 8-11-17-3-4-5-9-[36]
4. ITA Zandona Gabrio / Mancinelli Scotti Edoardo 62p 1-24-9-18-1-6-[25]-3
5. AUS Belcher Mathew / Page Malcolm 63p 7-1-15-17-2-10-11-[29]
6. NED Coster Sven / Coster Kalle 65p 10-13-[42/DSQ]-8-7-11-1-15

Open Womans European Championship
1. ITA Conti Giulia / Micol Giovanna 19p 1-6-1-5-6-[28]
2. JPN Kondo Ai / Tabata Wakako 22p 5-1-2-[14]-12-2
3. NZL Aleh Jo / Powrie Olivia 33p 12-8-3-6-4-[14]
4. ESP Pacheco Tara / Betanzos Berta 35p [15]-7-7-13-2-6
5. GRE Economou Anthi / Tsigaridi Olga 38p 7-5-5-[30]-10-11
6. NED Fokkema Margriet / Jongens Marieke 38,8p [16]-12-14-1-10,8/RDG_2-1

チームアビーム
470 European Championship

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 17:44| Comment(2) | オリンピック
この記事へのコメント
4151は近藤・田畑ですよ。

平井さんいつも読んでます。ありがとう。
Posted by A級ディンギーの村上 at 2009年06月17日 04:05
あれれ、ものすごい勘違いしてました。村上さん、ありがとうございます。
Posted by HIRAI at 2009年06月17日 06:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。