2009年06月25日

【KW】最終メダルレース

470-w-Kondo-Ai_800.jpg
キールウィークを3位で終えた近藤/田畑(アビームコンサルティング)。photo Kieler Woche

 キールウィーク・オリンピッククラスの最終日は、10〜15ノットの風が吹く絶好のコンディションのなかでおこなわれました。

 メダルレースに出場した470級女子の近藤愛/田畑和歌子は、6位フィニッシュで銅メダルを獲得。近藤/田畑は5月のデルタロイドレガッタ(オランダ)で優勝、ヨーロッパ選手権(オーストリア)で2位、本大会で3位と、初遠征で好成績をあげました。チームアビームの欧州遠征はこれで一段落。次は、8月後半の世界選手権(デンマーク)へ出場します。オリンピッククラス最終日の他クラスではレースがおこなわれず、昨日までの成績が最終結果となります。

 また、キールウィークで24日からX35世界選手権がはじまりました。2レースおこなわれ、日本のケットフィークは暫定28位につけています。『午後2時過ぎから軽風の中2レース行いました。ダウンウインドは素晴らしい走りでアクションにも問題ないのですが、軽風での上りの走りが今一つのりきれず、ライバルに置いていかれてしまいます。マストステップがどうにも動かず、やや強風よりのセッティングが影響しているかもしれません。レース後に再度セーリングを行いチューニングを確認、気分も新たに明日から頑張ります(ケットフィーク・大坪記)』


◎キールウィーク 6/24成績
470 women
1. NED Westerhof Lisa / Berkhout Lobke 1-2-1-1-(DNC)-4 9p
2. DEN Koch Henriette / Sommer Lene 2-1-(7)-5-4-8 20p
3. JPN Kondo Ai / Tabata Wakako 3-(6)-2-4-2-12 23p

STAR
1. USA Mendelblatt Mark / Strube Mark 3-4-4-3-4 18p
2. NZL pepper hamish / Monk Craig 5-10-9-2-2 28p
3. GBR Percy Ian / Simpson Andrew 7-2-2-116.2 28.02p
13. JPN Suzuki Kunio / Wada Daichi 12-18-8-20 58p

LASER
1. GBR goodison paul 1-1-1-1-(1)-2 6p
2. NZL Mike Bullot 1-4-2-1-(BFD)-8 16p
3. CRO Daniel Mihelic (BFD)-6-2-2-3-4 17p
99. JPN Ian Hall (36)-17-27-35-31 110p

X-35 World Championship
1. NED JUST4FUN 1,00-1,00 2,00p
2. ITA Lelagain 3,00-3,00 6,00p
3. FIN RoXanna 2,00-5,00 7,00p
28. JPN QUETEFEEK 24,00-27,00 51,0p

◎Kieler woche
http://www.kielerwoche.de/eng/sailing/index.htm

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:00| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。