2009年08月26日

スナイプJr日本暫定首位に

 8月28日まで米サンディエゴでスナイプジュニアワールドが開催されています。日本からは、2月の和歌山ジュニアワールド選考で勝ち抜いた、木山典彦/稲田健一(関西大)、増川美帆/辻川亮太(関西学院大)が出場。ただいま6レースを終えて、木山/稲田が首位に立ちました。2位のブラジルと3点差とはいえ、強豪国の北米、南米チームのなかで大健闘しています。女子ヘルムスマンの増川/辻川も現在11位。470ワールドだけでなく、スナイプジュニアワールドも目が離せません。

1. Norihiko Kiyama / Kenichi Inada JPN (7)-2-7-2-3-1 15p
2. Mario Tinoco / Matheus Goncalves BRA 1-8-5-1-(16)-3 18
3. Tyler Sinks / Shone Bowman USA 4-11-1-(15)-4-4 24p
11. Miho Masukawa / Ryota Tsujikawa JPN (17)-13-10-11-5-12 51p

◎2009 Junior Snipe World Championship
http://www.snipeworlds2009.com/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 20:27| Comment(0) | ディンギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。