2009年08月28日

日本男子、首位同点2位へ

2009_08_27_09988.JPG.jpeg
日本男子が金メダル争いを演じる470ワールド。日本がこれまでに獲得した470級世界選手権の金メダルは、1979年に甲斐 幸/小宮 亮、1989年に堤 智章/堤 伸浩が獲得しています。photo 470 worlds 2009

 デンマークで開催中の470世界選手権5日目は、オフショアが約15ノットまであがるコンディションとなりました。レガッタは終盤に入り、男子上位は混沌としてきました。

 前日まで首位のオランダが低迷したため、順位が繰り上がり、クロアチアがトップに、日本の原田/吉田が2位に浮上です。ただし、昨日の成績を見るとクロアチアも好成績とはいえず、原田/吉田だけが安定シングルで上位とのポイント差を埋めるカタチとなりました。上位3チームの得点差は3ポイント。昨日も書きましたが、いま原田/吉田に追い風が吹いています。大会は29日まで。本日が踏ん張りどころです。

 また、ベテランが上位を占める女子は、アテネ代表選手で6月のキールウィークで優勝したWesterhof Lisa / Berkhout Lobke(NED)が独走体勢です。日本の近藤/田畑は、後半戦に入りなかなか上位を走らせてもらえない印象。吉迫/大熊も順位が安定しないようです。

2009_08_27_09971.JPG.jpeg
ワールド初のゴールドフリート進出にかかわらず、物怖じしない戦いを見せている原田/吉田(アビーム)。彼らは今年6月のヨーロッパ選手権で優勝しています。photo 470 worlds 2009

◎470級世界選手権 25日成績 男子 ゴールド
1. CRO Fantela Sime, Marenic Igor 49,0p 3-2-1-1-6-7-8-8-13-(16)
2. JPN Harada Ryunosuke, Yoshida Yugo 49,0p 2-5-12-2-6-3-(bfd)-2-8 9
3. NED Coster Sven, Coster Kalle 51,0p 1-9-3-1-2-1-(22)-7-16-11
4. AUT Schmid Matthias, Reichstaedter Florian 54,0p 14-1-2-3-3-2-(17)-17-11-1
5. ESP Barreiros Onan, Sarmiento Aaron 61,0p 10-7-6-11-(14)-1-2-9-1-dnf
6. GBR Patience Luke, Stuart Bithell 63,0p 12-5-4-4-9-15-1-6-(30)-7
シルバー
2. JPN Ishikawa Yuya, Yanagawa Shouichi 99,0p
6. JPN Maeda Hiroki, Taniguchi Masaaki 108,0p
22. JPN Watanabe Tetsuo, Tanigawa Ryousuke 150,0p

女子 ゴールド
1. NED Westerhof Lisa, Berkhout Lobke 27,0p 2-2-3-2-1-4-4-6-3-(8)
2. ITA Conti Giulia, Micol Giovanna 41,0p (17)-5-1-7-3-1-2-2-7-13
3. FRA Petitjean Ingrid, Douroux Nadege 44,0p 2-2-(19)-9-4-2-1-18-4-2
4. ESP Pacheco Tara, Betanzos Berta 44,0p 4-(11)-4-1-6-5-3-3-8-10
5. AUS Rechichi Elise, Parkinson Tessa 61,0p (19)-6-1-5-2-3-10-16-12-6
6. GBR Wilson Pippa, Clark Saskia 63,0p 8-4-3-2-6-2-11-(21)-13-14
7. ESP Gallego Marina, Rita Roman Julia 64,0p 1-3-(20)-13-3-20-19-1-1-3
8. JPN Kondo Ai, Tabata Wakako 71,0p 6-10-2-5-2-7-(17)-17-11-11
16. JPN Yoshisako Yuka, Okuma Noriko 97,0p 5-19-7-16-16-7-6-(26)-14-7
シルバー
14. JPN Hirai Keiko, Sawa Kurusu 151,0p

Event website
Result
Picture
470 Worlds TRACKING

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:08| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。