2009年08月28日

レーザーシニア世界選手権

capizzano__MG_3397.jpg
最終レースのスタート。photo by Matias Capizzano / capizzano.com

 カナダで開催されていたレーザー級(シニア)世界選手権。途中、ハリケーンによりボートを避難させるというひと幕もありましたが、無事に全10レースをおえました。優勝は、北京五輪金メダルのPaul Goodison(GBR)です。ロンドン五輪を控えたイギリスセーリング界を盛り上げるニュースとなりました。

 5選手が出場した日本チームは、世界の大きな壁に阻まれ、全員がブロンズフリートとなりました。デイリーレポートは、オリンピック特別委員会のサイトをご覧ください。また、同地では引き続いてレーザー級マスターズ世界選手権が開催されます。

◎レーザー級シニア世界選手権成績
ゴールドフリート
1. GBR Goodison Paul 24.5p
2. NZL Bullot Michael 31.0p
3. GBR Thompson Nick 35.0p
ブロンズフリート
8. JPN Yasuda Shinnosuke 203.0p
19. JPN Hall Ian 231.0p
27. JPN Saito Daisuke 273.0p
36. JPN Otsuka Kunihiro 309.0p
43. JPN Shimizu Yoshihiko 350.0p

◎レーザー級世界選手権
http://can09.laserinternational.org/
◎オリンピック特別委員会
http://jsaf-osc.jp/

capizzano__MG_3921.jpg
優勝したPaul Goodison。ワールド初優勝です。photo by Matias Capizzano / capizzano.com

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 23:21| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。