2009年08月29日

日本メダル獲得なるか??

2009_08_28_10351.JPG.jpeg
男子はクロアチアが一歩リード。ヘルムスマンのSime Fantela選手はOPワールド金。470ジュニアワールド金のエリートで、北京五輪470は9位でした。photo 470 worlds 2009

 日本のメダル獲得も十分ありうるデンマーク470級世界選手権。前日2位につけた原田/吉田(アビーム)に注目が集まります。28日1レース目の第11レースでは混乱のマーク回航で順位を落とし一時は低迷するも、二度目のアップウインドで左海面のシフトを使って大ゲイン。さらにダウンウインドで1艇抜いて3番手でフィニッシュしました。クロアチアが4位フィニッシュのため、原田/吉田はこの時点で暫定トップに立ったことになります。

 しかし、第12レースでクロアチアがトップを快走します。原田/吉田は食い下がるも前に出ることができず18位。逆転を許したうえに差を広げられてしまい暫定2位へ。29日最終日のメダルレースでメダル獲得を狙います。

 上位10艇により競われるメダルレースは、得点が2倍になるファイナルステージです。また、メダルレースの得点はカットできないので、大逆転もありえます。現在、首位クロアチアとの得点差は16点ですから、金メダル獲得は原田/吉田が先にフィニッシュし(70+2点=72p)、クロアチアが9位(54+18=72p)か10位(+20=74p)になること。これは少々きびしい条件かもしれません。

 また、日本と後続のオランダ、イギリスとは1点差ずつ。5位のフランスにも10点差なので、原田/吉田は追われる立場でもあります。運命のメダルレースは、日本時間29日夜7時頃スタート(状況によって開始時間は変わります)。トラッキングライブをお見逃しなく!

2009_08_28_10462.JPG.jpeg
女子はオランダ有利。近藤/田畑は9位でメダルレースへ出場します。photo 470 worlds 2009

男子
1. CRO 83 Fantela Sime, Marenic Igor 54,0p
2. JPN 4340 Harada Ryunosuke, Yoshida Yugo 70,0p
3. NED 1 Coster Sven, Coster Kall 71,0p
4. GBR 834 Patience Luke, Stuart Bithell 72,0p
5. FRA 44 Leboucher Pierre, Garos Vincent 80,0p
6. ESP 9 Barreiros Onan, Sarmiento Aaron 82,0p
7. AUT 3 Schmid Matthias, Reichstaedter Florian 85,0p
8. AUS 11 Belcher Matthew, Page Malcolm 89,0p
9. ARG 7 Calabrese Lucas, De la Fuente Juan 94,0p
10. GRE 1 Mantis Panagiotis, Paulos Kagialis 98,0p
女子
1. NED 11 Westerhof Lisa, Berkhout Lobke 34,0p
2. ESP 696 Pacheco Tara, Betanzos Berta 48,0p
3. FRA 4 Petitjean Ingrid, Douroux Nadege 54,0p
4. ITA 23 Conti Giulia, Micol Giovanna 61,0p
5. AUS 357 Rechichi Elise, Parkinson Tessa 81,0p
6. GBR 842 Wilson Pippa, Clark Saskia 81,0p
7. GBR 822 Clark Penny, Hughes Katrina 86,0p
8. NZL 75 Aleh Jo, Powrie Olivia 87,0p
9. JPN 4151 Kondo Ai, Tabata Wakako 87,0p
10. USA 1757 Maxwell Erin, Farrar Isabelle Kinsolving 96,0p

Event website
Result
Picture
470 Worlds TRACKING

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 00:57| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。