2009年09月20日

【J24】西宮全日本直前

AH1K8663.jpg
大会前日の19日はセール計測と艇長会議、パーティがおこなわれました。photo by Junichi Hirai

 長い長い渋滞を抜けて、西宮へたどり着きました。秋の大連休のバルクヘッドマガジンは取材ウィークとなり、西宮と和歌山(テーザー世界選手権)へ遠征しています。西宮ではJ/24全日本選手権が開催されます。レース日程は20〜23日までの4日間で、全国から精鋭26艇が集まりました。

 今年の観戦ワンポイントは…。
(1)06、07年に連続優勝した〈シエスタ〉からはローザとコスモスの2チームが出場。坂本 亘ヘルムスマンは今回はクルーに徹し、今春からチームに加入した、宮川英之(福岡経済大卒)、今井信行(同志社大卒)がそれぞれの艇でヘルムをつとめます。

(2)8月の関東選手権(相模湾)で優勝を飾った〈月光〉も虎視眈々と優勝を狙います。このところ全日本タイトルから遠ざかっていますが、本大会は気合い十分、ストイックなまでの体重調整もあいかわらず。ボートスピードに定評あるだけに、スタートというチームの課題が克服されれば、上位に絡むことになるでしょう。こちらは、早稲田大の監督をつとめる畠山知己がヘルムスマンをつとめます。

(3)九州から4艇が遠征。関西からはヤングチーム出場します。J/24に限ったことではありませんが、全日本のエントリーはひと昔前に比べて少なくなりました。しかし、選手たちの情熱は昔とかわらず。神戸大の学生が乗る〈イースタン・カーライナー〉や、福岡経済大OBも乗る〈ワイレア〉など若手チームにも注目です。

(4)今年からクラスルールが変更され、ケブラー等アラミド繊維のジェノアが使用可能になりました。新ジェノアでは、繊維強度が増したことによる軽量化とパワーアップが見込まれ、選手たちの注目度は高いものですが、テストが十分でないことから「様子見」の段階でもあります。本大会では数艇が新ジェノアを使用しています。

(5)大会は10レースが予定され、7レース以上でカットレースが1つ入ります。レース運営のプロといえる地元・関西ヨットクラブがレース運営を担当するので、コース設定は間違いないでしょう。台風の影響でどんなコンディションになるのかが少々心配です。携帯の天気予報サービス海快晴の予報では、20日は北東から北の風、5〜6m/s。21日は午前中北東弱く、午後からシーブリーズが入る予報。スタートは毎日10時25分予告信号です。

◎2009年 J/24全日本エントリーリスト
5011 OLIVE
5007 PINK KISS
4855 WHITE SQUALL
5260 TEMPUS
4085 FOX
5317 GEKKO
4459 HANG OVER
5013 LULL
5179 SIESTA ROSA
5261 SIESTA COSMOS
4267 UPWIND
5267 CROSS
4448 APOLLONIA
3815 VICKY
5077 GERONIMO
4740 THE SPIRIT OF NISHIMOTO
4858 KOBEMD
4886 SOHO
5271 STELLA NO KO
4708 EASTERN CAR LINER
5006 WAILEA
4907 DABOHAZE Jr
4714 JUGGLER
5268 RIPPLE
5273 GYOUSYU
2680 CLARIS

AH1K8676.jpg
新西宮ヨットハーバーではラジコンヨットの大会がおこなわれていました。さん橋越えのガストが連続する超むずかしいコンディション。ルールはRRSにある通りヨットレースそのものです。プロポは2チャンネルで、ラダーとジブ+メインの開閉に分かれているそう。ハーバー内の風景にもマッチして、たのしそうでした。photo by Junichi Hirai

◎J/24全日本選手権(関西ヨットクラブ)
http://www.kyc.or.jp/
どこでもヨットレースのデータがアップされる予定です。

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 05:26| Comment(1) | J/24
この記事へのコメント
良い風が吹いたみたいですが、初日暫定は如何なものでしょうか?
それにしても、「老舗」のオリーブチーム、ノース寡占状態の日本市場で、UK(ウルマーコーリアス)セイルを使い続けているとは義理堅い!!
健闘を祈ります!!
Posted by 女子プロレスのスカウト at 2009年09月20日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。