2009年09月20日

【NYYC】大会を終えて

 ニューヨークヨットクラブ主催のNYYCインビテーショナルカップ。日本JSAFチームは11レースを戦い、3位という好成績を残しました。そこで表彰式の翌朝、現地に滞在している植松 眞キャプテンに電話インタビューをおこないました。

■BHM:3位獲得、おめでとうございます! さっそく西宮で偶然にお会いした鈴木オーナー(SWING)や馬場オーナー(SUMMER GIRL)より祝辞の言葉をいただきました。表彰式はどんな雰囲気でしたか? 
植松:いやいや、ありがとうございます。本当に3位になれてよかったですよ。表彰式は、さすがニューヨークヨットクラブです。おごそかでもあり、「大人の表彰式」という感じでした。日本でもそんな表彰式の雰囲気をまねできたらいいですね。日本は、他チームからあたたかく祝っていただきました。あんまり強くないと思われてたんじゃないでしょうかね、日本は。「本当は甘く見てたけれど、日本もなかなかやるじゃん」という感じ?

BHM:今回はスレッドとエスメラルダの混成チームでしたが、たいへんなところはありましたか?
■植松:オーナーふたりがひとつの船に乗るのは、むずかしいことだったと思います。スレッド大倉オーナー(JSAFチームヘルムスマン)は、言いたくてもがまんしていた部分があったんじゃないでしょうか。それを飲み込んで、ヘルムスマンに徹してくれた大倉オーナーに感謝です。でも、オーナー同士、チーム同士、気心が知れた仲だし、スレッドチームとだからうまくいったんだと思います。ほかのチームでは、こうはいかなかったかもしれません。

BHM:正直に言って、海外チームはどんな腕前だったんでしょうか?
■植松:優勝したニューヨークヨットクラブは、Swan 42の全米チャンピオンチームです。ただし、普段のチームがオーナーやジブトリマーなどをのぞいてNYYCのクラブ員じゃなかったらしく、同クラブメンバーに入れ替えて急造したチームのようです。そこにグループ3のケン・リードが入った。練習不足もあり、ドキドキだったみたい。ケンは、「日本はクルーワークとか、しっかりやるから甘く見ない方がいいよ」って言ってたそう。

BHM:2位のカナダチームは?
■植松:あそこもかなりの腕前で、カナダがアメリカズカップに挑戦したときのヘルムスマンです(1986年〈Canada II〉)。フライングダッチマンで五輪に出場してメダルもとったみたい(1988年)。全体のレベルは、1/3が普通。1/3がまあまあうまい。1/3がものすごくうまい。そんな感じでした。

BHM:日本が3位を獲得できた理由は、どのへんにあったのでしょうか?
■植松:スレッドもエスメラルダもビッグボート海外遠征には慣れていたし、ニューポートの事情(レースや滞在中に必要なものを買う店など)を知っていたから、段取りがいたってスムーズにいったことでしょうか。無駄な労力を使わなかったから、その点、レースにも余裕がうまれて結果につながったんだと思います。

BHM:初開催となったインビテーショナルカップ。想像していたよりも大きなイベントのように感じました。
■植松:ニューヨークヨットクラブは、2011年に次回大会を開催すると発表しました。この大会を続ける背景には、商業化したアメリカズカップへの疑問があり、「もう一度、アマチュアリズムで健全だった、むかしのヨットレースに戻ろうよ」ということだと思います。今回の大会ではプロ(グループ3)は1名と決められていました。実際、ニューヨークヨットクラブは、いまのアメリカズカップには興味がないようで、このインビテーショナルカップを育てていきたいんだな、と感じました。

BHM:そうなると日本3位の結果は、大きな意味がありますね。それでは、日本が次回勝つために何が必要になるのでしょうか?
■植松:はっきりいって、本気で勝つには相当ハードだと思っています。上位に入るには練習も必要だし、「ちょっと参加してみるか」という気分では絶対に勝てないでしょう。次回もJSAFが招待されるなら、戦う準備をしっかりする必要があります。

 とのことです。本当はもっとざっくばらんに会話していますが、バルクヘッド記事製作の都合上、そのへんちょこっと修正してあります。植松キャプテン、ありがとうございました。

88782392486e8f487e2df33b5dfc1aa3.jpg
レース後の日本JSAFチームです。写真に高槻さんがいないから、たぶん撮影しているのでしょう!写真は、中村健一選手のブログより

◎NYYCインビテーショナルカップ 最終成績
1. Arethusa, New York Yacht Club (USA), Phil Lotz,
2-4-2-8-6-3-1-10-3-3-2, 44
2. Daring, Royal Canadian Yacht Club (CAN), Terry McLaughlin,
1-3-5-1-14-5-10-5-8-2-1, 55
3. Downhill Express, Japan Sailing Federation (JPN), Makoto
Uematsu, 7.2-16-3-6-10-2-5-6-4-4-10, 70

4. Better Than, Nylandska Jaktklubben (FIN), Leonardo Ferragamo,
7.2-14-10-4-4-19-6-2-5-1-7-79.2
5. Blazer, Royal Cork Yacht Club (IRL), Anthony O'Leary,
3-1-1-13-7-17-2-4-17-11-4, 80.
6. Tiburon, Royal Bermuda Yacht Club (BER), Mark Watson, 5 -5-6-16-8-4-3-13-14-12-9, 95
7. Interlodge, St. Francis Yacht Club (USA), Craig Healy,
12-11-11-2-2-1-7-11-7-15-20, 99
8. Conspiracy, Royal Danish Yacht Club (DEN), Marie Klok Crump,
16-2-18-3-12-16-9-3-10-9-5, 103
9. Celeritas, Royal New Zealand Yacht Squadron (NZL), John Melville,
11-17-15-5-1-6-16-9-13-8-3, 104
10. The Cat Came Back, Royal Ocean Racing Club (GBR), David Aisher,
15-8-4-11-14-10-4-7-15-7-11, 106
11. Impetuous, Royal Hong Kong Yacht Club (CHN), Jamie McWilliam,
17-12-14-7-5-8-8-19-2-10-13, 115
12. Bandit, Royal St. George Yacht Club (IRL), Michael Cotter,
7-8-16-9-20-11-13-1-9-18-8, 120
13. Mustang ,Royal Thames Yacht Club (GBR), John Greenland,
8 -9-7-15-11-9-15-12-11-13-13, 123
14. Quintessence, Real Club Nautico de Barcelona (ESP), Jordi Tarré,
9-6-12-10-15-14-14-14-16-17-6, 133
15. Orbit, Norddeutscher Regatta Verein (GER), Achim Griese,
6-18-9-18-20-15-19-15-1-5-14, 140
16. Apparition, Royal Yacht Squadron (GBR), Oscar Strugstad,
13-10-13-14-16-12-17-18-12-6-16, 147
17. Hoss, Yacht Club de France (FRA), Bruno Trouble,
10-20-8-17-9-7-11-17-18-16-15, 148
18. Mutiny, Yacht Club Italiano (ITA), Carlo Alessandro Puri Negri,
13.2-15-17-20-3-18-18-8-6-15-20, 154
19. Barleycorn, Yacht Club Costa Smeralda (ITA), Vittorio Codecasa,
14-13-20-12-20-13-12-16-19-20-20, 179

◎NYYC Invitational Cup
http://www.nyyc.org/worldinvitationalcup/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 19:25| Comment(2) | キールボート
この記事へのコメント
世界の名だたるヨットクラブを向こうに回し、3位入賞とは、正直、驚きました。まだまだ、ニッポンセーラーも捨てた捨てたモンじゃないよ!っと、世界に示した快挙に乾杯!!

Posted by 女子プロレスのスカウト at 2009年09月20日 22:52
JSAFチーム。素晴らしいの一言!!!
日本の力を十分発揮できましたね。おめでとうございます、そして、御苦労さまでした。

みんなイイ顔してますよ〜!!
Posted by やまもと at 2009年09月21日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。