2009年09月22日

復活逗子レガッタ2009開催

picture-92.jpg
大会2日目は江の島沖マークと城ヶ島南西沖浮漁礁浮標をまわる約20マイルのショートディスタンスがおこなわれました。photo by Kiwamu

 9月20〜22日に相模湾の名物レースだった逗子レガッタが復活開催されました。強風から微風まで、そしてショートからディスタンスレースまで、さらに連日のパーティを含めパワー全開のレガッタとなったようです。

 気になるレースの成績は、IRC Aクラスでは、世界のIRCレガッタで連戦連勝しているKING40〈カラス〉が全レーストップ。ジャパンカップ前にいい肩慣らしができた、といったところでしょうか。また、スポーツボートクラスのIRC Bクラスは、ダウンウインドが爆発的に速い〈センチュリーファストGP〉。IRC Cクラスでは、今夏は相模湾のレガッタに出場しまくった〈サモア〉が優勝しました。

 本大会は、twitterによる実況中継の配信や、高橋究カメラマンにより写真ページがアップされ、レースに出場できない人にもよろこばれたのではないでしょうか。レガッタを作り上げるのは大変なことですが、ぜひとも来年の大会開催も期待します!

◎逗子レガッタ2009 IRC-A
1. KARASU KING 40 1-1-1-1-1 5
2. QUETEFEEK X35OD 2-3-2-2-2 11
3. PAPILLON GS42R 4-5-4-3-3 19
4. TURTLE 6 FARR ILC40 5-4-3-5-4 21
5. ADONIS JN40(S40) 6-2-5-4-5 22
6. VITTORIA BC37CR 8-6-6-6-6 32
7. GAIA SYDNEY 36 CR 3-8-8-8-8 35

IRC-B
1. CENTURY FAST GP GP 33 N/M 2-1-1-1-1 6
2. SPANK ACT-GP33 3-2-2-2-2 11
3. BROS MELGES 32 1-4-4-4-4 17

IRC-C
1. SAMOA FARR31 1-1-2-1-1 6
2. CONCORD PLATU25 2-2-1-2-2 9
3. JE REVIANS DUFOUR334 TROPHY 3-3-4-3-3 16
4. YELLOW MAGIC MELGES24 4-4-3-4-4 19

◎逗子レガッタ2009
http://blog.goo.ne.jp/zr2009/
◎キワムの写真館
http://www.kiwamu-dennou.co.jp/kiwamu/Album/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 20:41| Comment(0) | キールボート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。