2009年10月21日

全日本インカレ展望・470

 関東インカレが終わり、「全日本学生ヨット選手権」いわゆる全日本インカレの全国9水域の代表が出揃った。各クラス24校、合計72艇で争われる。なお、470級、スナイプ級の両クラス揃っての出場で、今年の「総合優勝」を争える大学は例年より多い18チームとなった。岡山県牛窓ヨットバーバーをベースに、10月30日の計測・開会式の後、翌31日より11月3日までの4日間・最大11レースで争われる。(文・外道無量院)

【470級】
◎出場校(24)
北海道水域:小樽商科大学
東北水域:東北大学
関東水域:早稲田大学、慶應義塾大学、日本大学、法政大学、明治大学、中央大学、立教大学
中部水域:静岡大学、愛知学院大学
近畿北陸水域:立命館大学、同志社大学、金沢大学
関西水域:関西学院大学、関西大学、近畿大学
中国水域:鳥取大学、広島大学、岡山大学(開催枠)
四国水域:香川大学
九州水域:福岡経済大学、福岡大学、鹿屋体育大学

 三船監督、岡村コーチのフルタイム指導体制を確立し、2003年に初出場で優勝して以来、過去6回の出場中4回で優勝という驚異の勝率を誇る福岡経済。今年も、飯束(3年福岡第一)、冨岡(4年高松商)、岡(3年高松工芸)という、全日本個選1、3、4位という強力な布陣を整え、万全の体制で牛窓に乗りこむ。

 昨年、他の上位チームに比して「古い」(学連仕様艇)と感じたハード面でも、今年は1艇の新艇を加えて抜かりない。控え選手にも全日本女子インカレで優勝同スコアの2位と進境を示した徳重(2年錦江湾)を有し、九州インカレではクルーも含め、「部員全員出場」という余裕の体制で臨み、2位以下にダブルスコアで圧勝、格の違いをみせつけた。猛威を振るう新型インフルエンザ感染などの不慮の事態にも対応できそうだ。そのインフルエンザに加え、何が起こるか分らない、「チャンピオンシップ」には不適なゲレンデの牛窓開催とはいえ、やはり不動の本命。

 この強力なチームに対抗できるのは、今年も関西学院のみか? ルーキーで全日本個選を制したエース市野(4年中村三陽)も最終学年を迎え、主将として名実ともにチームをけん引する。個選ではOCSに泣いて2回目の優勝を逸したが、その得点を含んでの2位(捨てなし)には、かえって驚かされた。

 2番艇の小栗(3年中村三陽)までは、福岡経済勢と全くの互角。勝敗を分けるのは、3番艇のルーキー松下(1年長崎工業)が、福岡経済3番艇・岡に対してどこまで差がなく走れるか、だ。同乗するクルーに経験豊富な佐藤(4年中村三陽)を配し、標榜する「総合力」のみせどころだろう。他艇のクル陣ーにも、西尾(2年関学高等部)、中野(3年中村三陽)、笹尾(4年高松商)と、控えを含めてインターハイ上位入賞歴を持つ選手をズラリと揃え、その正確なクルーワークとヨットレースへの理解力でも他の追随を許さないように見える。

 では、本命、対抗をまとめて負かせるだけの力を有するところはあるのだろうか?

 混戦の3位争いを展開しそうなのは、昨年3位のメンバー、新郷(4年福岡中央)と横田(2年中村三陽)に加え、ルーキー市川(1年早大学院)が良く走って関東インカレを簡単に3連覇した早稲田と、女子インカレ・チャンプの伊藤(4年海津明誠)、野田(4年京都・大谷)、楢崎(4年西南学院)の3艇で近北インカレを制した立命館、そして、熾烈な部内競争で、今年の進境著しい関西大だ。

 関西インカレでは最終日までは関西学院との接戦に持ち込んだ関西大3艇のスキッパーは、岩見(主将4年洛北)、出射(4年邑久)、大曲(3年長崎工)、後藤(別府青山2年)、赤崎(3年沖縄尚学)の5人の中から選ばれそうだが、田中監督自身が頭を悩ませるほどの「横一線」で、開幕当日までまったく不明。

 以上に対して、今年の日本大と福岡大はそれぞれ共に、今シーズン当初から主将の不調が非常に気になる。鹿屋体育は部員数がギリギリの12、3名、という層の薄さに加え、故障選手までいて3番艇が大きな弱点。法政は、斎藤(4年唐津西)、森本(3年中村三陽)、牟田口(1年唐津西)と、ポテンシャルのあるスキッパー陣を揃えるが、関東インカレで露呈した「クルーの未熟」が致命的。慶應義塾はスケジュール設定・管理を含め、チームとしてのマネージメントがチグハグすぎる。

 以上の理由で、名門勢に中途半端なシルシは失礼とも思い、日大以下はすべて無印。同志社はスナイプが予選で落選、3年ぶりの片クラス出場となった。戦力を片クラスに集中してクラス優勝を果した3年前の小戸開催の「再現」を狙ってはいるだろうが、クラスも逆で今年の上位2チームは当時のスナイプ勢と比較して強力に思え、すべてが上手く行っても入賞までか。

 熱心な超OBのテコ入れで、廃部寸前の危機から復活を果した古豪・立教に注目している。成績は別として、「古豪復活」のマイルストーンとなる戦いができるか?

◎・・・・・・・・福岡経済
〇・・・・・・・・関西学院
△・・・・・・・・関西大
△・・・・・・・・立命館
△・・・・・・・・早稲田
注目・・・・・・・立教

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:42| Comment(2) | インカレ
この記事へのコメント
何しろ、久々の全日本出場で、無事に全艇が全レースを完走してくれる事を願うのみ、です。
泡沫出場校の名前を挙げて頂き、感謝。
Posted by a立教超OB at 2009年10月23日 20:57
泡沫はない!
Posted by S.F.Y at 2009年10月23日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。