2009年11月15日

スナイプ白石/上田優勝!

RZ3H2912.jpg
2度目の優勝を決めたスナイプ番長こと白石潤一郎(左)と優勝請負人の名にふさわしい上田真聖。いかにも“よき福岡大OB”の雰囲気を持つコンビです。photo by Junichi Hirai

 スナイプ全日本最終日。蒲郡の風は最終日も期待を裏切らず、北西の風10メートル以上にも上がる強風レースとなりました。カットレースを考慮して優勝戦線に絡むのは、首位を走る白石/上田、そして、松崎/田中、西居/橋本、児玉/杉浦、笹井/伊藤といったところ。安定している白石/上田ですが、一回の失敗でアウト。どんな逆転があるのか予想できません。

 第5レーススタートは、5〜8メートルの風ではじまりましたが、2度のゼネリコを繰り返すうちに、風は右へ大きくシフトし風力もアップ。それを予期して早急にボートセッティングを変更し、右海面を選んだチームが前へ出ました。

 首位に立つ白石/上田は、スタートを風上エンドから出て、シフトを意識しながら右展開。上マークを3位で回航し、ダウンウインドレグでトップへ。ガッチリとフリートを押さえ込んで、貫禄のトップフィニッシュを決めました。この時点で、白石/上田の優勝が決定です。

「上マークをまわったあと、ポールランチャーの作業で左手人差し指をフックでえぐってしまい、レース中はウエアが血だらけだったんです。レースに集中しながらも、「これはヤバイな」とそんなことを考えながら乗っていました(レース後、病院で検査を受け大事には至らなかったよう)。全日本優勝は、これで3度目。今年は、J/24全日本(FOX)、国体(シングルハンド)、スナイプ全日本に出て、12月は唐津の29er全日本に出場します。今年はいつもよりもヨットに乗ることができた最高の年です」(上田)

「上田とは特別な練習をしていませんが、むかしからチョコチョコ一緒に乗っていたし問題ありません。今年はサンディエゴキャンペーンもあり、スナイプにずいぶんと乗り込みました。これがよかったんだと思います。以前、優勝したのは10年前の牛窓大会です。そのときは、クルーからスキッパーに転向した翌年で、大学5年生でした。実は、クルーをやっている時期って結構長いんです。これだけ長いことスナイプに乗っていると、クルーをやっていてもスキッパーの腕が鈍るという感覚はないですね。勝つために考えていることは、両方一緒ですから。今回の優勝は、ノースセールジャパンが何年も積み重ねてきた研究開発の結果でもあります。だから最高にうれしい!」(白石)

 軽風から強風まで、シリーズを通してもっとも安定していた白石/上田は、ボートスピードだけでなく、他チームからは、他艇との駆け引き、タクティクスも見事だったという声が聞かれました。優勝おめでとう!

 優勝が決まった白石/上田は、第6レースを自身のカットレースとしてリタイア。すぐさまハーバーへ帰港しましたが、そのあとタイムリミットぎりぎりにおこなわれた第6レースは、さらに風が吹き上がるサバイバルレースとなりました。

 強風のため「よもやノーレース。要レスキューか」と思われた第6レースは、沈艇、リタイア艇が続出。海上は、不規則な波とドンっと重いガストが吹き荒れました。しかし、そんななかでも、やはりベテラン勢は崩さず、走れなくなったチームから順番に消えていくというサドンデスとなりました。この強風レースはトップを児玉/杉浦、2位を松崎/田中とベテランが入り、総合成績も松崎/田中2位、児玉/杉浦3位と豊田織機チームが揃って入賞しました。

 選手たちが陸に戻る頃には、風はさらにあがり、レース不可能な海面に。ぎりぎりまで最終レーススタートをあきらめなかったレース委員会の判断も見事でした。終わってみれば、運営のむずかしいコンディションだったにもかかわらず6レースを消化できました。選手には満足の風だったことでしょう。来年のスナイプ全日本は長崎で開催される予定です。

◎全日本スナイプ選手権 参加62艇 大会3日目成績
1. 白石潤一郎/上田真聖(NORTH SAIL JAPAN) 3-5-3-2-1-(DNF) 14p
2. 松崎 茂/田中年彦(豊田自動織機) 6-(10)-1-6-2-2 17p
3. 児玉芭晴/杉浦博之(豊田自動織機) (11)-11-6-1-6-1 25p
4. 笹井正和/伊藤和央(アイシン・エーアイ) 1-2-8-(DNS)-7-17 35p
5. 西居基晴/橋本達士(松喜屋) 2-1-15-10-8-(DNF) 36p
6. 吉岡岳史/斉藤浩二(SPN)19-(20)-5-5-5-3 37p

◎日本スナイプ協会(成績速報)
http://www.snipejp.org/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 17:29| Comment(1) | ディンギー
この記事へのコメント
いい笑顔!
Posted by Jam at 2009年11月15日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。