2009年11月22日

僅か1点差。明日女王決定

AH1K8102.jpg
アウターループを走るゴールドフリート。先頭を走る4340は最終日を待たずに優勝を決めた原田/吉田。にくらしいほど速いです。photo by Junichi Hirai

 福岡小戸で開催中の470全日本大会4日目。本日より2グループにわかれて決勝レースがはじまりました。博多湾は朝から気温が低く、いまにも雨が降り出しそうな曇り空。天気予報では、弱い風でレースができるかどうかギリギリのところでしたが、南東の軽風がコンスタントに入るコンディションです。大会4日目は、ゴールドフリート4本、シルバー3本のレースを消化。第1レースが終わる頃には冷たい雨が降り出し、風は弱いものの体力と気力が必要とされるレース内容となりました。

 本日よく走ったのは原田/吉田です。1-2-2-4位と上位安定の着順で、完全にゴールドフリートを支配していました。大きなシフトのあるレース海面でしたが、不利な海面のなかにいても小さなブローをのがさず、しっかり噛んだなかで走るため、ダメージを最小限に抑えられます。さらにボートスピードでも前に出て先に風をつかめるので「どこを走っても速い」。原田/吉田は、他艇とくらべて一段階上の領域で走っている印象を受けました。

「余裕があるなんてとんでもない。全日本でも、草レースや地域のレースでも、いつでも全力で走っています。それに、どんなに成績がよくても、陸にあがると小松さん(アビームコーチ)のきびしい指導が待っていますから気を抜くことなんてできません。メダルレースも全力で戦うのみです」(原田)

 その後、正式な成績が発表され、原田/吉田は2位の石川/柳川に28点の差をつけたため、メダルレースを待たずに優勝が決定しました(メダルレースで10位(20ポイント獲得)だとしても追いつかれないため優勝です)。

 また、本日は市野/吉見もよく走りました。彼らは、10-OCS(着順は7位)-1-1で総合5位につけています。関西学院大4年の市野は、同大学の主将を終えたばかりで、大学生のなかでは飛び抜けた実力を持っています。この2年間は、インカレを最優先していたため“自分だけの走り”を封印していた印象もありますが、本日爆発しました。

「3艇1チームで戦うインカレは、他艇の位置を考えながら、振れタックや細かく艇団に寄せる戦術を考えます。それだと、速い選手がたくさんいる全日本のような大会だとおいて行かれるように感じていました。きょうの2レース目からは、タックを少なくして、大きなシフトを考えながらコースを組み立てました。これがよかったです。それにクローズのコースをクルー(吉見)に担当してもらったので、ドライブに集中できました」(市野)

 明日最終日はオリンピックやISAFワールドカップで採用されている上位10艇によるメダルレースがおこなわれます。メダルレースの得点は2倍で、小戸ヨットハーバーのすぐ沖にショートコースが設けられます。また、オンザウォータージャッジのシステムで、プロテストがあった場合その場でペナルティ施行の有無が判断されるため、フィニッシュと同時に順位が確定します。

 成績をみてみると、1位の原田/吉田は飛び抜けたものの、4位の近藤/田畑(64点)、5位の市野/吉見(65点)、6位の吉迫/大熊(65点)は大接戦。特に全日本女子の頂点を狙うアビーム、ベネッセの戦いは見物です。また、8位の岡/内野、9位の高橋/杉浦も同点。先にフィニッシュした方が勝ちというわかりやすい図式になっています。メダルレースの開始は12時55分です。おたのしみに!

AH1K8165.jpg
強風仕様のメインセールを使用しているものの、軽風で連続トップを決めた市野/吉見。photo by Junichi Hirai

AH1K8275.jpg
近藤/田畑と吉迫/大熊はわずか1点差。メダルレースはアビーム対ベネッセの宿命の対決に大注目です。photo by Junichi Hirai

RZ3H4820.jpg
成績に波はあるものの微風、軽風域では男子以上のスピードを持つ吉迫/大熊。photo by Junichi Hirai

◎470全日本選手権 4日目
1. 原田/吉田 1-1-3-(10)-2-1-1-2-2-4 27p
2. 石川/柳川 4-5-5-3-1-7-5-6-9-(12) 45p
3. 長橋/田淵 3-2-9-2-9-4-(13)-10-13-3 55p
4. 近藤/田畑 15-11-1-7-4-10-8-1-(29)-7 64p
5. 市野/吉見 10-4-7-5-6-21-10-(OCS)-1-1 65p
6. 吉迫/大熊 2-21-4-4-5-(39)-14-5-5-5 65p
7. 前田/谷口 11-14-2-(26)-11-12-9-7-10-8 84p
8. 岡/内野 (36)-25-16-6-10-3-2-4-21-9 96p
9. 高橋/杉浦 25-7-11-8-3-(32)-3-3-22-14 96p
10. 富岡/濱中 (31)-15-6-24-8-17-19-17-4-17 127p

◎エントリーリスト、レース公示、確定成績など
http://www.fsaf.net/modules/news/article.php?storyid=56

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 19:31| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。