2009年11月26日

葉山全日本ファイナル動画


ファイナル中村匠(黄旗・4号艇)vs荒川友紀彦(青旗・2号艇)。中村の連覇はもちろん、全日本ファイナル初出場となる友紀彦の準優勝も見事でした。最後にインタビューもあります。映像提供:dailysailing.com


ラウンドロビン山田寛(青・3号艇)vs中村匠(黄・6号艇)。山田が逃げ切り勝利です。映像提供:dailysailing.com

 葉山で開催された全日本マッチ最終日の映像です。日中、海上で撮影し、陸に戻って夜間まで編集作業をおこなうdailysailing.com(中嶋さん)の仕事には頭がさがります。

 ヨットレースだけでなくスポーツやゲームの報道は、スピード(速報)とクオリティ(内容)が重要になってきました。「その時、どこで、何が起きたのか」。オリンピックのような大会だと世界から報道体制が集まるので、日本の情報も“ある程度”手に入りますが、国内の情報はまだまだ発展途上にあります。

 数年前を思い返してみてください。例えば、江の島と葉山の至近距離で大会をやっていても、隣の海面で何のレースをやっているのか、お互いに知らなかったし興味もナイ。そんな状態だったと思います。それが、福岡の470全日本に出場している選手が、小戸のハーバーで葉山マッチレースの結果を話題にするようになりました。ものすごい変化ではないでしょうか。

 海上に観客席をもたないヨットレースを人に知らせるためには、高いハードルを越えなければなりません。ぼくが何をいいたいのかというと、大会実行委員会やクラス協会、ヨットクラブ、学校、JSAFをはじめとする組織は、自分たちがやっていることをもっともっとアピールしてほしい、ということです。

 成績表やレポート、写真、動画の公開や、GPSを利用したレースの見せ方、いまならバルクヘッドも利用しているtwitterもいいと思います。その情報を伝えるにあたり、バルクヘッドマガジンを利用してもらって構いませんし、協力も惜しみません。

 ただ、「ああしよう、こうしてほしい」と口で言うのは、それほどむずかしいことではありません。No 他力本願。有言実行で日本のセーリングを盛り上げていきましょう!

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:28| Comment(2) | マッチレース
この記事へのコメント
色々とお疲れ様でした。
多分、寛さんと匠艇の艇番と色がテレコになってますが・・・。お疲れのご様子ですね(笑)。
Posted by MJ at 2009年11月26日 11:42
色はバックステイのフラッグです。船のカラーと反対になってるんで、わかりにくいですね。山田寛が青旗・3号イエローハル艇、中村が黄旗・6号ライトブルー艇。。。あれれ、またややこしい? 真っ黒のウエアで揃えてるのが中村艇です。
Posted by HIRAI at 2009年11月26日 12:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。