2009年11月30日

松永選手結婚おめでとう!

11.28_01.jpg
松永選手の結婚式にたくさんのセーラーが集まりました。二次会は藤沢で。同志社大の先輩にものすごいパフォーマーがいましたね

 先週末の相模湾はいい風が吹いたようで、江の島では49er全日本、OP練習。由比ヶ浜や逗子海岸ではウインドサーフィン。葉山ではNSTのシリーズレースや葉山マリーナヨットクラブのクラブレースがおこなわれたようです。葉山のクラブレースでは、某艇のラダーが真っ二つになったとか。大丈夫でしたか。

 さて話は変わりますが、11月28日。鎌倉で北京五輪470級代表の松永鉄也選手と池ヶ谷美香さんの結婚式がおこなわれました。当日は最高に天気がよく、式場のブラインドがあがると、相模湾が広がる素晴らしいシチュエーション。披露宴も肩肘張らず、いい感じのムードでした。

 松永選手は、琵琶湖ジュニアでOPをはじめ、清風高校、同志社大で活躍したのに対し、美香さんは、静岡清水でセーリングをはじめ、博多女子、法政大というセーリングエリートなふたり。大学最後の琵琶湖インカレでは、新郎よりも新婦の方が成績がよかったそうです。

 というわけで、披露宴会場には、たいへん多くのセーラーが集まりました。テーブル同席者だけでも、山田 寛、関 一人、柳川祥一、伊藝徳雄、久米 敏、石黒建太郎ですから、ある意味たいへん豪華です。とはいえ、だれもが「この前も会ったでしょ」という感じで新鮮味には欠けましたが。

 結婚式やパーティに出席するのは久しぶりでしたが、二次会、三次会までとてもにぎやかで楽しいひとときでした。ふたりともいつまでもしあわせに!

11.28_03.jpg
披露宴会場には北京五輪で使用した470級が展示されました。搬入と艤装は前日に柳川選手が担当。「マストが長すぎて立てられず、苦労した」とのこと(ボートは斜めに設置されてます)。また、披露宴では470級の近藤 愛選手のピアノ演奏も披露されました。さすが音大付属出身。上手でした!

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 15:27| Comment(1) | コラム
この記事へのコメント
松永鉄也くんご結婚おめでとうございます。私は鉄也くんの父上と3B体操で友達になった北村あきらと申します。
父上から鎌倉披露宴の素晴らしさを聞かされていましたが、この記事でなるほどと納得しました。
北京の前に、3B体操仲間でTシャツを買って支援しましたところ、忙しい最中を拙宅まで父上と一緒に訪ねてこられてお礼を言われ、びっくりしたことをよく覚えています。
ヨット以前の、人間としての素晴らしい鉄也くんを知りました。
友人の、アノ父上にしては、よくもマァ見事に育て上げなさったなと敬服した次第です。
鉄也くん美香さんの末永い幸せをお祈りします。
Posted by 北村あきら at 2009年12月07日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。