2009年12月03日

モンスーンカップはじまる

_MG_1543.jpg
ギルモアチームでモンスーンカップに参戦している早福選手。同ヤンマーレーシングチームには谷路選手も出場しています。photo World Match Racing Tour

 12月1〜6日までマレーシアでモンスーンカップがはじまりました。ワールドマッチレーシングツアー9戦の最終戦に組まれるこの大会に、世界トップランキングのマッチレーサーが集まりました。前週のオーストラリアカップのファイナルでエインズリー(GBR)に勝利したミノポリオ(NZL)、ルイヴィトントロフィー・ニース大会を制した〈アズーラ〉ヘルムスマンのブルニ(FRA)、ランキング2位のミルスキー(AUS)、08年ツアー優勝で現在3位を走るウイリアムス(GBR)などそうそうたるスキッパーが出場します。

◎モンスーンカップ エントリーリスト
Ian Williams / TEAM Team Pindar
Sebastien Col / TEAM ALL 4 ONE
Mathieu Richard / TEAM French Match Racing Team
Adam Minoprio / TEAM BlackMatch Racing
Torvar Mirsky / TEAM Mirsky Racing Team
Magnus Holmberg / TEAM Victory Challenge
Damien Iehl / TEAM French Match Racing Team
Phil Robertson / TEAM WAKA Racing
Ben Ainsle / TEAM Team ORIGIN
Peter Gilmour / TEAM Yanmar Racing
Hazwan Hazim / TEAM Taring Pelangi
Francesco Bruni / TEAM Azzurra

 日本選手は、昨年よりモンスーンカップアジア予選に出場していますが、惜しくも出場権利を獲得できず。今年のアジア枠はロバートソン(NZL)が出場します。結果を残し、ランキングをあげて、ようやく大会に出場できる(招待される)のがマッチレースです。ワールドランキングをあげないことには、何もはじまりません。モンスーンカップの優勝賞金はツアー最高のUS450000$(約4000万円)。ちなみに、現在2009年ツアーランキングトップを走るミノポリオは若干24歳です。日本の24歳のセーラーが賞金を稼いで世界を転戦するなんて想像できませんね。まさに弱肉強食の世界です。

◎Monsoon Cup 2009
http://www.monsooncup.com.my/
◎World Match Racing Tour
http://www.worldmatchracingtour.com/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:38| Comment(0) | マッチレース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。