2009年12月31日

セーラーオブザイヤー発表

RZ3H8734.jpg
2009年度バルクヘッドマガジン・セーラー・オブ・ザ・イヤーは、チームアビームの原田/吉田に決定です。photo by Junichi Hirai

 2009年の最後は、いまのところ日本で唯一の存在となる、セーラー・オブ・ザ・イヤーの発表で締めくくりたいと思います。このアワードは、バルクヘッド編集部が独断と偏見で決めているもので、「ヨット馬鹿・オブ・ザ・イヤー」の別名があります。馬鹿は不謹慎、と思われる方もいるかもしれませんが、セーリングが大好きなセーラーにとって最高の褒め言葉だと編集部は勝手に判断しています。

 選考の基準は、単発の成績だけでなく、固定観念にとらわれず、日本にこれまでになかった活動や、少々軌道を逸した記録など。そんな、ちょっとした「スゲー」を対象としています(あくまで独断ですので…)。2008年第1回は、ディンギーからクルーザーレース、マッチレースまで、編集部が呆れるほど乗りまくっていた山田 寛が選ばれました。

 さて、2009年度のセーラー・オブ・ザ・イヤーは、チームアビームに所属する原田龍之介、吉田雄吾に決定しました。470級でロンドン五輪を目標に活動する原田/吉田は、13年ぶりに470級世界選手権で銅メダルを獲得、ヨーロピアン選手権で優勝の快挙。さらにロスからハワイまでを走るオフショアレース「トランスパック」に参戦するなど、近年のセーラーにない破天荒な活動が注目されました。

 また、編集部が注目したのは、2008年10月に彼らが挑戦した、470級による相模湾オーバーナイトセーリングです。午前中に葉山マリーナを出港して、相模湾沖の某島を回航するという挑戦で、日が暮れたときは島影にいたそうで、葉山にフィニッシュしたのが真夜中の午前2時。なんと16時間かけて約70マイルを走破しました。「食事はトラピーズに出たままです」「帰りは間違えて(葉山とは逆方向の)真鶴半島に行っちゃいました」とふたりは笑っていましたが、まったくもってすばらしき根性です(※サポートのない状況で真似しないように)。

 ディンギーの長距離航海といえば、1949年におこなわれた横山 晃氏によるシーホース級の航海(横浜から大島、式根島)が有名ですが、原田/吉田の挑戦も勝るとも劣らず。自身が設計したボート性能を確かめる、という目的があった横山さんの偉業に対し、彼らは470級のトレーニングとして挑戦しました。レーシングモードで走り切ったこともおどろきですが、16時間という短時間記録にもびっくりです。この海域を走った経験のあるクルーザー乗りならよく分かるでしょう。

 さらに、今年のトランスパック2009では、2225マイルを13日6時間33分24秒で走破しました。彼らはオリンピックという目標があり、本業ではワールド銅メダル、ヨーロピアン優勝という成績を残し、一方では、オフショアセーリングを体験するなど、両極端にも思える活動をしてきました。彼らの経験がいつどんな状況で発揮されるのか、たのしみにしています。

◎2009年度 チームアビーム・原田/吉田の主な成績
2月 和歌山・2009年ナショナルチーム選考 1位
4月 スペイン・プリンセスソフィア 21位
  フランス・スプリングカップ 4位
  フランス・イエールSOF 5位
5月 イタリア・オリンピックガルダ 5位
  オランダ・デルタロイド 9位
6月 オートリア・470ヨーロピアン選手権 1位
7月 ロス〜ハワイ・トランスパック〈Tachyon III〉出場。クラス3位
8月 デンマーク・470世界選手権 3位
9月 イギリス・セールフォーゴールド 13位
10月 江の島オリンピックウィーク 1位
11月 福岡・470全日本選手権 1位

 上記の成績だけをみると「破竹の勢い」のようにみえますが、結成当時からの成績を振り返ると、信じられないほどの成長ぶりがわかります。その辺のことはまた今度。

 というわけで2009年度のバルクヘッドマガジン・セーラー・オブ・ザ・イヤーは、原田龍之介/吉田雄吾に決定です。賞金とか、でっかいトロフィーとかありませんが、ふたりともおめでとう!

AH1K6257.jpg
原田龍之介。1985年5月6日。長崎県長崎市出身。海星高等学校〜早稲田大。父親の影響で小学5年でOPをはじめる。ジュニア時代に済州島へ航海した経験あり。北京五輪では470女子代表の近藤/鎌田のセーリングパートナーをつとめた。アビームコンサルティング所属。趣味はテレビ。ディープなバルクヘッダー(バルクヘッド読者)でもあります。

:
吉田雄悟。1983年11月11日。佐賀県唐津市出身。唐津西高等学校〜法政大学。北京キャンペーンでは川田貴章(東京大)と組んで挑戦。クルーワークは日本ナショナルチーム随一。アビームコンサルティング所属。趣味は自転車。オフの日はよく三浦半島を一周しているそうです。

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 10:54| Comment(3) | コラム
この記事へのコメント
2009年いつも楽しい記事をありがとうございました。とは申しても読者の期待に沿うための絶え間ない情報収集、さぞかしお疲れのことと拝察します。この休日どうかゆるりとお体を癒されんことを願っています。
2010年が安全で平安でありますよう。

Posted by sen at 2009年12月31日 12:43
ご苦労様でした。

取材、出筆、メンテ、マネージメント、選手、一児の父、大活躍の一年でしたね。
又、一緒に楽しみながらやりましょう。
本当にお世話になりました。ありがとう!!

自転車・トレッキング又行くよ!!
Posted by やまも at 2009年12月31日 20:03
この1年、みなさまに支えられなんとか乗り越えることができました。2010年も、マイペースではありますが、邁進する所存です。これからもよろしくお願いいたします!
Posted by HIRAI at 2009年12月31日 20:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。