2010年01月04日

第40回記念コンテンダーW


 コンテンダー級世界選手権がオーストラリア・ブリスベンで開催されています。ひとり乗りトラピーズ艇のコンテンダーは1967年に誕生。いまとなってはクラシカルな雰囲気満載ですが、コンテンダーの設計はオーストラリアがアメリカズカップを勝ち取った〈Australia II〉のデザイナー、Ben Lexcen(設計当時はBob Millerの名前でした)の手掛けた当時最先端のディンギーです。1970年代にはイギリスから欧州に広がり、1970年に第1回世界選手権が開催されたそうで、上記のビデオは1979年ワールド最終レースの模様です。

 ひとり乗りトラピーズは、日本では見慣れないジャンルですが、欧州ではそこそこの市民権を得ています。最近ではイギリスのRS600がコンテンダーのコンセプトに近いかもしれません。さらにひとり乗りトラピーズ艇には、巨大ジェネカーまでプラスしたRS700、ムストースキフなどもあります。

DOC171009-0003-Large.jpg
1974-75年第4回ワールドのコンテンダー級。ちなみにContenderの意味を調べてみたら「ボクシングで、チャンピオンタイトルに挑む挑戦者のこと」とありました。photo Royal Queensland Yacht Squadron

◎The 40th Contender World Championship
http://www.contenderworlds2010.com/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 10:54| Comment(0) | ディンギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。