2010年01月25日

バルクヘッドマガジン案内

IMG_0802.jpg
先日は大楠山から秋谷方面へのダウンヒルを楽しんできました。登るには時間が掛かるけど、くだるのはあっという間です。photo by Junichi Hirai

 早いもので、もう1月後半。先週末の相模湾は、春みたいにあたたかかったですね。すでに2010年初セーリングを済ませた方も多いのではないでしょうか。編集部の最近は、よく山に入っていまして、トレッキングしたり、自転車でウロウロしたり。オンボードでカメラを構える足腰を鍛えるために、地元を歩きまわっています。

 さて、バルクヘッドマガジンは、今年も国内外のヨットレースを中心に、海、船の話題をごっそりお届けする予定です。昨年の記事を数えてみたら、1年間に440回も更新していました。今年も負けないように書き散らしたいと思います。それと、流行のツイッターでも小ネタや最新ニュースをアップしていますので、マニアックなネタをお好みの方はどうぞ。

◎BULKHEAD magazine on twitter
http://twitter.com/bulkheader

IMG_0795.jpg
大楠山の頂上からは、三浦半島をぐるりと見わたせます。江の島もバッチリ。photo by Junichi Hirai

 ここでひとつ御報告です。ご要望により、バルクヘッドマガジンのバナー広告に「特大(2A)サイズ」ができました。大きさは、既存の大サイズの2倍になります。詳しくは下記の媒体資料をご覧ください。バナー広告は、いつでも募集していますので、ご興味のある方は、editor@sailmagazine.jpまでご連絡を。

◎BULKHEAD magazine 媒体資料
ご案内:http://www.sailmagazine.jp/ad/advertise01.pdf
料金等:http://www.sailmagazine.jp/ad/advertise02.pdf

 次の取材遠征は、2月に鹿児島で開催されるナショナルチーム選考レースです。これは、五輪種目による2010年度北京五輪ナショナルチーム選考と3月のアジア選手権と11月アジア大会の日本代表選考を兼ねる大会で、オリンピックを目指す選手にとって、2010年度の天王山です。おこなわれる種目は、470級男女、レーザー級、レーザーラジアル級(女子)、RS:X男女。470級では、北京五輪7位の松永鉄也が活動を復活したようで、なかなかオモシロイ内容になりそう(クルーは福岡経済大卒、JR九州所属の今村公彦です)。鹿屋には、はじめて行きますが、きっと良いところでしょう! お楽しみに。

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 17:45| Comment(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。