2010年01月31日

鹿屋NT選考エントリー発表

page41_2.jpg
ナショナルチーム選考のエントリーリストが発表されました。大会は2月に鹿児島で開催されます。photo by Junichi Hirai

 1月30日、ISAFオリンピック特別委員会より2010年度ナショナルチーム(NT)選考レースのエントリーリストが発表されました。選考(兼アジア選手権、アジア大会代表選考)は、2月10日より鹿児島鹿屋市で開催されます。NT選考レースは、全日本のような選手権ではありません。あくまでNTを決めるための選考であり、ロンドン五輪に焦点を合わせて活動する選手たちが出場します。

 2009年度のNT選考に比べると、より激しい戦いが予想されます。特に、昨年の世界選手権で3位の成績を残し、2010年度NT入りが確定している原田/吉田(アビーム)のほかに、3チーム選考される470級男子は熾烈。新チーム体制で挑む、北京五輪代表の松永/今村(スリーボンド)が参入することで、さらに椅子取りゲームは困難を極めるでしょう。

 また、他クラスもなかなか興味深い選手が出場しています。だれがNTになるのか予想できないレーザー級、ラジアル級。RS:X級女子では、北京五輪代表の小菅寧子が復帰出場します。

◎2010年度ナショナルチーム選考エントリーリスト
470級男子 13艇
1. 原田龍之介/吉田雄悟 2. 石川裕也/柳川祥一
3. 前田弘樹/大嶋龍介 4. 谷口斉謙/李 聖守
5. 渡邊哲雄/谷川亮介 6. 阿部幸久/川村太亮
7. 長橋 誠/田淵靖浩 8. 高橋洸司/杉浦 弘明
9. 市野直毅/吉見亮平 10. 松永鉄也/今村公彦
11. 飯束潮吹/外薗潤平 12. 岡 賢志/内野航太
13. 清水 領/田口 西
選考数:既にナショナルチームとして認定している特Aチームを除き3艇6名

470級女子 4艇
1. 近藤 愛/田畑和歌子 2. 吉迫由香/大熊典子
3. 松下 結/森本起代 4. 杉浦友絵/堤 優華
選考数:既にナショナルチームとして認定している特Aチームを除き1艇2名

レーザーラジアル級 10艇
1. 蛭田香名子 2. 長谷川哲子
3. 高橋 香 4. 原田小夜子
5. 松苗幸希 6. 渡邉絵美
7. 才木雪代 8. 石川智香
9. 冨部柚三子 10. 多田桃子
選考数:3艇3名

レーザー級 12艇
1. 安田真之助 2. 大塚邦弘
3. イアン・ホール 4. 斎藤大輔
5. 室松さとし 6. 藤野 隼
7. 真田敦史 8. 藤村裕二
9. 永井久規 10. 城 航太
11. 粟野和昭 12. 南里研二
選考数:4艇4名

RS:X級男子 3艇
1. 富澤 慎 2. 小川 達朗 3. 高橋 良典
選考数:1艇1名

RS:X女子 4艇
1. 須長由季 2. 大西富士子
3. 高木未散 4. 小菅寧子
選考数:2艇2名

◎ナショナルチームの追加認定について
 470級女子、RS:X級男子およびRS:X級女子については従来のランキングシステムによるNT追加割振りの考え方とは別に、3クラスの過去の実績およびオリ特ランキングシステム艇種別順位(470女子2位、RS:X男子3位、RS:X女子4位)から今回の上記選考NT数+1艇を限度にオリ特委員長、ナショナルコーチ、指導評価委員長、クラス担当コーチが本NT選考レースの参加者の中から本選考レース競技成績を判断基準の一つとして、選手の年齢・将来性等を考慮した上で協議しNTとして認定・決定する場合がある。該当する選手がいない場合は認定しない。

◎JSAFオリンピック特別委員会
http://jsaf-osc.jp/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:19| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。