2010年02月25日

ルイヴィトントロフィーNZ

10.02.25_01.jpg
昨年2月にオークランドでおこなわれたルイヴィトンパシフィックシリーズ。この大会でエミレーツチームニュージーランドはアリンギを破っています。この大会が発展してルイヴィトントロフィーとなりました。photo by Bob Grieser/outsideimages.co.nz/Louis Vuitton Pacific Series 2009

 今月はアメリカズカップに盛り上がったとはいえ、BMWオラクル対アリンギの2チームによるガチンコ勝負でした。一方、アメリカズカップの法廷闘争と別にラリー・エリソンやグラント・ダルトン、ラッセル・クーツらはWSTA(ワールドセーリングチームアソシエーション)を結成。第32回アメリカズカップまでに使用されてきたACボート2艇を使っておこなわれるマッチレース、ルイヴィトントロフィーを2009年からスタートさせています。

 3月9〜21日までニュージーランド・オークランドで、今年初となるルイヴィトントロフィーが開催されます。エントリーは8チーム。昨年11月におこなわれたニース大会(第1回大会)ではイタリアのAzzurraが優勝しました。

◎Louis Vuitton Trophy Auckland
1. Aleph (France, skipper Bertrand Pacé)
2. All4One (France/Germany, skipper Jochen Schumann)
3. Artemis (Sweden, skipper Paul Cayard)
4. Azzurra (Italy, skipper Francesco Bruni)
5. Mascalzone Latino Audi (Italy)
6. Synergy (Russia, skipper Karol Jablonski)
7. TEAMORIGIN (Great Britain, skipper Ben Ainslie)
8. EMIRATES Team New Zealand (New Zealand, skipper Dean Barker)

 挑戦者代表となるクルブ・ノーティコ・ディ・ローマのマスカルゾーネをはじめ、上記チームは第34回アメリカズカップの挑戦者シリーズに出場してくると思われます。ちなみに、まぼろしとなった第33回大会には、2008年12月の時点で19チームがエントリーしていました。アメリカズカップの時計の針は、ふたたび正常に動きはじめるのでしょうか?

CC20100210m023.jpg
エミレーツチームニュージーランド(ETNZ)やチームオリジン、ルナロッサ、アルテミスは、並行してTP52によるMedcupにも参戦しています。写真は、ETNZのTP52。ルール改正により今年からバウスプリットがつきました。また、最新ニュースとして、ETNZは今年からセーリングウエアのGILLとオフィシャルサプライヤー契約を結んだそうです。

◎Louis Vuitton Trophy Auckland
http://www.louisvuittontrophy.com/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 19:49| Comment(0) | アメリカズカップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。