2010年03月21日

LVTオークランドETNZ優勝

10.03.21_06.jpg
優勝のエミレーツ・チームニュージーランド。グラント・ダルトン(マネージングディレクター)、ディーン・バーカー(スキッパー)。photo by Paul Todd/outsideimages.co.nz

 ニュージーランドで開催されたルイヴィトントロフィー・オークランド。本日21日に決勝がおこなわれ、エミレーツ・チームニュージーランド(ETNZ・NZL)が、マスカルゾーネ・ラティノ・アウディチーム(ITA)を2勝で破り、優勝を決めました。

 昨秋にスタートしたルイヴィトントロフィーは、ニース大会に続いて2回目。ETNZは、大会の前哨となったルイヴィトンパシフィックシリーズで優勝(2009年2月)、ニース大会で2位、そして本大会優勝と、“アメリカズカップにキウイ健在”をみせつける内容となりました。

 とはいえ、マスカルゾーネのクルーリストをみると、イタリア色は薄く、セーラーはキウイ中心です。ま、こちらはオーナーのヴィンセント・オノラートが、強烈なイタリアンテイストですけれども。

 さて、ルイヴィトントロフィーは、いまのところ残り3戦が用意されています。サルディニア(5月22〜6月3日)、ドバイ(11月13〜28日)、香港(2011年1月9〜24日)。同時に2010年は第34回アメリカズカップの動きも気になるところです。

◎Louis Vuitton Trophy Auckland
1. Emirates Team New Zealand, New Zealand
2. Mascalzone Latino Audi, Italy
3. Azzurra, Italy
4. Artemis, Sweden
5. All4One, Germany/France
6. TEAMORIGIN, Great Britain
7. ALEPH Sailing Team, France
8. Synergy Russian Sailing Team, Russia

◎Louis Vuitton Trophy
http://www.louisvuittontrophy.com/

10.03.21_05.jpg
最終マッチ。スターボードサイドを取ったETNZはマスカルゾーネを抑えて上マークへ。54秒差で逃げ切り勝利です。photo by Bob Grieser/outsideimages.co.nz

10.03.21_07.jpg
優勝のよろこびを同国に大きくアピールするETNZ。こういうの大事。photo by Bob Grieser/outsideimages.co.nz

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 19:13| Comment(0) | アメリカズカップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。