2010年04月26日

フランスイエールSOF開幕

10.04.26_02.jpg
仏イエールで開幕したフランスオリンピックウィーク(SOF)。大会初日は風弱く、5クラスのみレースを消化。2日目も風が弱い予報です。photo by effets mer - guillaume durand

 25日、フランス・イエールで開幕したISAFワールドカップ「第42回フランスオリンピックウィーク(SOF)」。日本からは、レーザー級にホール・イアン(フリー)、安田真之助(鹿屋体育大)。470級男子に原田龍之介/吉田雄吾(アビーム)、松永鉄也/今村公彦(スリーボンド)、市野直毅/吉見亮平(ケアマネジメント/栄和)、470女子に近藤愛/田畑和歌子(アビーム)、吉迫由香/大熊典子(ベネッセ)が出場。予定されていたRS:X級男女は、アイスランド噴火の影響で予定通りに現地へ移動できず不参加となりました。大会初日は風が弱く、マッチレース、レーザー級、スター級、2.4m級、ソナー級の5種目だけがおこなわれました。

 今回のSOFでは、ロンドン五輪を目標にほぼ全てのトップセーラーが活動を開始し、クラス変更した選手にも注目が集まっています。アテネ五輪、北京五輪イングリング級の金メダリスト、GBRのサラ・アイトンは結婚出産を経て、470級女子に転向。北京五輪470代表のサスキア・クラークと組んでロンドンを目指します。また、470女子で05、06、07年三年連続でワールドチャンピオンを獲得したマルセリン・デ・コニング(NED)はRS:X級に転向です。

 また、レーザー級でアテネ3位、北京2位のワシリ・Zbogar(ボガー)はフィン級に。トーネードで3個の金メダルを獲得し、ボルボオーシャンレーサーでもある、フェルナンド・エチャヴァリ/アントン・パズ(ESP)はコンビを分かれ、パズは49er級へ、エチャヴァリはスター級に転向。また、北京金メダルのアンナ・タニクリフ(USA)、470級、イングリング級のメダリスト、ソフィア・ベカトロウ(GRE)はマッチレースに転向しています(バルクヘッドマガジン編集部)。

◎42nd Semaine Olympique Française
http://sof.ffvoile.net/

----------------------------------------------------------
チームジャパン開幕戦。
アイルランド噴火を乗り越え、イエール参戦

レポート/中村健次(JSAFオリンピック特別委員会

 ワールドカップ第4戦・イエール、フランスオリンピックウイークが開幕しました。JSAFナショナルチーム(NT)の2010年度ヨーロッパ遠征の開幕戦です。

 当初、オリンピック特別委員会ではこの大会に5種目のべ14名のNTを派遣する予定を立てていました。しかし、ヨーロッパ滞在中の先発NTチームと合流をするべく予定通り成田を発った後発NTチームと帯同コーチ陣は、4月15日のアイスランド火山噴火により空路途中で飛行機がUターンしてしまい、日本に戻ることになってしまいました。その後、空路の閉鎖が続き、仕切り直しとなったチームジャパンは大会への出場を再検討せざるを得なくなりました。

 結果的に体調に左右されるRS:X級は遠征を断念しましたが、470級ベネッセチーム、レーザー級はレースに間に合うのであれば出場したいとのことで空路再開を待ち、苦労の末、オランダ経由でようやく大会ギリギリの23日に現地入りしました。

 別便で発っていた470級男子の市野/吉見は15日にスイス(ウィーン)に到着してしまい、ヨーロッパ内でも飛行機が飛ばなくなったため、そこから電車を乗り継ぎ、ブラッセル(ベルギー)まで24時間をかけてオリ特スポンサー(車両供給など)であるトヨタヨーロッパ本社まで行きつく始末でした。

 一方、すでにフランス入りしていたアビームチーム、スリーボンドチームは予定通りイエール入りしており、準備万全です。今回は自然災害とはいえ、このように用意万端で大会に備えているチームとギリギリで大会に臨むチームの、精神的差(結果)がどのくらい結果に現れるのか? セーリング競技での勝つため(戦略的)の意味も含めて重要なポイントになりそうです。

 初日はレーザー、マッチレース以外は風も弱く、また、時計回りに変わる風向により、1レースもすることができませんでした。選手は10時過ぎに出艇し16時過ぎまで海上で待機しました。セーリング競技は「待つこと」も勝負のうちです。とは言っても、長時間の待機で精神的には疲れた一日だったと思います。1レースのみおこなったレーザー級(94艇エントリー)の成績ですが、イアン選手が65位、安田が77位でした。明日も風が弱い予報です。願わくば、よいレースができ、ロンドンをめざすチームジャパンにとって勢いのつく開幕戦になればと思っています。

10.04.26_05.jpg
今年のSOFはトヨタが大会をスポンサードしています。photo by Kenji Nakamura

10.04.26_04.jpg
公式掲示板のテントに集まる選手たち。photo by Kenji Nakamura

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:51| オリンピック