2010年04月29日

SOF軽風シリーズ決勝へ

10.04.29_04.jpg
3位に後退するもメダル圏内をキープする近藤/田畑。photo by Effets mer - guillaume durand

4日目も風に恵まれず。
470級男子は全艇決勝ゴールドフリート進出。

レポート/中村健次(JSAFオリンピック特別委員会

 大会のプレスリリース、本日のタイトルは「Longest day on the water」でした。イエールの大会がこんなに風がないことははじめてです。470級男子は、予選シリーズをなんとか成立させるため、長い風待ち後、13時予選4レース目がおこなわれました。結果、男子の松永/今村がトップフィニッシュで順位を15位にあげてゴールドフリートに。若手のホープの市野/吉見も手堅くゴールドに進みました。

 陸上での成績待ちの間に時刻は16時を過ぎ、今日の決勝レースはおこなわれないと思い込み、片づけをするチームもありましたが、ここはヨーロッパ。日没も遅く、17時半に決勝1レース目がおこなわれました。

 今日は、男子・女子共にスタートが悪く苦戦しました。さすがに決勝になるとフリートはよりシビアになります。ひとつの失敗がなかなか順位を上げさせてくれません。男子・松永組は一気に上位にくるチャンスでしたが甘くありませんでした。女子についてもスタートではじき出され順位をまとめることができません。明日はどのチームもスタートダッシュで、上位争いに絡んでもらいたいと思います。

 ただ、今シリーズは軽風でのレースとなっていますから、上位チームも成績を安定させることができていません。その日のレースすべてを上位(続けて上位)でまとめるとメダル争いに加わることができます(惜しむらくは日本チームの成績はまだアップダウンが激しいです)。

 もっと風がほしいのですが、予報は期待薄のようです。自然の流れに勝つことはできませんから、与えられた条件でベストを尽くすことしかありません。470級男女ナショナルチームはそれができるはずです。チームジャパンはがんばります。最後まで応援よろしくお願いします。

◎4日目終了時 チームジャパン成績
470級男子(90艇)
 7位 原田/吉田 予選3-26-5-14 決勝13
 15位 松永/今村 2-41-10-1 決勝30
 27位 市野/吉見 28-8-21-18 決勝15
470級女子(44艇)※予選決勝なし
 3位 近藤/田畑 4-1-8-10-16
 7位 吉迫/大熊 16-3-6-16-25
レーザー級(141艇)
 107位 ホール イアン 予選35-25-18-DNF 決勝43-5
 129位 安田真之助  予選39-46-43-35 決勝10-33

10.04.29_08.jpg
レース消化のため、日が傾いてもレースがおこなわれました。49er級がハーバーに戻ってきたのは、なんと夜9時。photo by Effets mer - guillaume durand

10.04.29_06.jpg
北京五輪以来のトップフィニッシュ、松永/今村。photo by Kenji Nakamura

10.04.29_07.jpg
7位につける原田/吉田。photo by Kenji Nakamura

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 19:08| オリンピック