2010年04月30日

豪発ウイングボーン水中翼

10.04.30_01.jpg
オーストラリア・アデレードで、次世代セーリングボート「Wing Bone Hydrofoil」が開発されています。ハルから離れて宙に浮いたウイングセールとアウトリガー水中翼(ハイドロフォイル)の組み合わせで、「風速の2倍以上のスピード。世界最速記録を塗り替える」と制作意欲満々。モスの進化形のようでもあります。将来的にはスポーツ、レジャー、レースで遊べるボートにしたいとのこと。「SAIL ROKET」のようなプロジェクトでしょうか。興味津々です。

Features
* One or two people
* Beach launch
* Collapsible wing
* Joystick control
* Resilient construction
* Self righting

Specifications
* Hull length 3.6m
* Wing span 8m
* Wing area 16m2
* Hydrofoil span 0.9m
* Width 5.5m
* Weight 75kg
* Ballast 30kg

Performance
* Flight in 10-15 knot wind
* Maximum speed greater than twice the wind speed
* Velocity made good upwind and downwind faster than the wind

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:04| 小ネタ