2010年06月01日

イギリスOP級選考レース

10.06.01_09.jpg
OP級イギリス代表を決めるナショナルチーム選考レース。未来のオリンピックセーラーがここにいます

連載・ケンイチ通信──FROM イングランド
『イギリスOP級ナショナルチーム』

本文・写真/中村健一

5月5日
 今日はOP級だけのレースでレースエリアを大きく取り、1レース1時間前後のレースが3本行われました。天候は昨日とほぼ同じ風向で、陸風のため70度近くの振れが入り、ゼネラルリコールと大きなシフトが入るたびにレースは延期され、運営泣かせの風でもありました。風が安定してきたのは午後からで、16〜29ノットの風の中、何とか3レースを消化し、選手にとっても満足いくレースができたのではと思っています。

 レース後には表彰式でナショナルチームが発表され、ワールドを含めた大会への参加が決定しました。世界選手権ではこの選手たちが、日本選手たちとも戦っていくのでしょう。非常に楽しみです。


選考レーススタートの様子

 イギリスではナショナルチームになるとジャケットが提供され、腕に参加レガッタの名前が刺繍で入れられるそうです。次年度の選考に入ると新たに入った子供にはジャケットが提供されますが、これまで入ったことのある子は刺繍のみとなります。非常に経済的な方法に感心しました。子どもたちはこのジャケットを勲章のようにとらえており、私に腕を見せて「これだけ出場したんだよ」と胸を張っていました。

 GBRは粒の揃った選手が非常にたくさんいて、この選手たちがいずれOP級が終わって高校で420級の選考などにチャレンジしているようです。話題はもっぱらアメリカズカップやロンドンオリンピックの話で盛り上がっていました。

 大会スポンサーの数は10社で大会自体も非常に充実していました。大会3日間のみの参加でしたが、非常に勉強になりました。近年の日本選手の飛躍は非常に素晴らしいと思っています。よい選手が毎年搬出される中、世界で活躍できる舞台を我々が用意できるよう、しっかりと研修で学んできます。次回ナショナルチーム合宿の参加が楽しみです。

10.06.01_10.jpg
選考トップ通過の選手。GILLがスポンサーについているようです

10.06.01_11.jpg
出場レガッタが明記された腕の刺繍は子供たちの勲章。すばらしいアイデアですね!

◎ケンイチ通信(1)連載開始!(筆者紹介等)
◎ケンイチ通信(2)小学生プログラム
◎ケンイチ通信(3)オーバーナイトセーリング終了
◎ケンイチ通信(4)プールヘリ420、OP選考

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:21| 連載記事