2010年06月03日

クローズ&ジャイブ映像

連載・ケンイチ通信──FROM イングランド
『五輪キャンペーンを振り返る。470のクローズ、ジャイブ』

文・写真/中村健一

5月10日
 休日に北京オリンピックキャンペーン時の微風ジャイブ練習の映像を久しぶりに見て、あの頃は本当に頑張ってたな〜なんて振り返っていました。真剣に取り組んでいる時の姿は、やはり輝いてますね。

 昔の自分に負けないよう、頑張るぞ!


ポートからスターボードへのジャイブ


スターボードからポートへのジャイブ

5月12日
 470級クローズを追加しました。ポイントはジャストフラットで走ることが大切です。一番最初の所でジブトリムをしていますが、腕だけの動作で体がぶれていないことが大切です。このビデオでは波があるのでアジャスターの調整は極力控え、背筋を伸ばした状態で膝の屈伸運動でバランスを取っています。

 また、スピードによるモーメントの移動に合わせ前後移動が大切になってきます。私もこの動作をきちんとできるまでには大変苦労しました。私の場合は、悪い動きがあった場合と動かなければならないときに反応がない場合は、常にスキッパーに注意してもらって感覚を合わせ込むようにしていました。習得するまでにかなりの時間がかかったため、スキッパーには大変迷惑をかけました。


クローズ映像

 ジャイブのビデオですが、私のボートは2個玉ではなかったため、スターボからポートはツイーカーを引くだけでよかったのですが、ポートからスターボへのジャイブはツイーカーを早めに引いて、ガイを上手く調整しながら引き込みカムに掛けた後、ポールを返すため、スピンにストレスなくジャイブできるまで非常に苦労しました。

 また、練習を繰り返していくと余裕が出てきたため、通常はスキッパーがバテンを返すためにパンピングをしますが、クルーがポールを返す前にメインのパンピングをしています。効果はありますが、クルーは忙しくなるのでお勧めはできません。

 また、以前掲載したGBRのジュニア選考のスタートビデオですが、これには意味があり、今回優勝した5805の選手を良く観察してください。はじめは上スタートで待機していますが、風の振れをいち早くキャッチし、一度クローズを走った後、下寄りにポジションを変えています。何気ない動作ですが、常に上マークをシングルで回った強さを垣間見る事ができます。

 常にアンテナを張って、変わりゆくその瞬間をいち早く察知し、対応できるセーラーを目指そう!

◎ケンイチ通信──FROM イングランド
(1)連載開始!(筆者紹介等)
(2)小学生プログラム
(3)オーバーナイトセーリング終了
(4)プールヘリ420、OP選考
(5)イギリスOP級選考レース
ケンイチ通信まとめ読み

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 06:11| 連載記事