2010年06月08日

RS400でレースに出ました

連載・ケンイチ通信──FROM イングランド
『久しぶりにレース出場』

文/中村健一

5月16日
 今日は午後からRS400級のレースに参加しました。今日は2レースが行われました。参加は15艇くらいで、私と同じくらいの年代から50歳代と見られる選手ばかりで、「これはUKデビュー戦で優勝できる!」なんて意気込んでレースに臨みました。

 レースが始まってみると、これがまたかなりシビアなポジション争い!「みんな気合いが入ってるな〜」と思いながら一線からスタートするも、いきなりのタイトカバーや風の振れに合わせたポジショニングが完璧で、どんどん集団から引き離され、何とドベでフィニッシュ。もう頭の中は???だらけで、パニック状態です。

 次のレースまでの間隔が1時間あるため、全艇陸に上がりコーヒーブレイク。今回一緒に乗っているリチャードにそれぞれの選手を紹介してもらってびっくり仰天。何とイギリスのレーザー級コーチ(元オリンピック選手)やファイアボール世界選手権優勝者、RS400世界選手権優勝者、GBRナショナルチームの各コーチなど名だたる選手ばかりが集まりレースを楽しんでいたのです。

 2レース目はかなり本気で頑張り、トップ集団の中での争いをするが、……ジャイブで沈してしまい、結局ドベフィニッシュ。久しぶりのレースで本当に楽しめました。ドベは悔しいですが、次回のレースでリベンジしたいと思います。

 今回は名だたる選手コーチに名前と顔を覚えてもらえたのを収穫として良しとします。それにしても気温は6度、沈はさすがにつらかった。

◎ケンイチ通信──FROM イングランド
(1)連載開始!(筆者紹介等)
(2)小学生プログラム
(3)オーバーナイトセーリング終了
(4)プールヘリ420、OP選考
(5)イギリスOP級選考レース
(6)クローズ&ジャイブ映像
(7)小学生プログラム・キールボート
ケンイチ通信まとめ読み

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 06:02| 連載記事