2010年06月17日

メッドカップ仏マルセイユ

10.06.17_02.jpg
クァンタムレーシングを追うエミレーツチームニュージーランド

 16日、フランス・マルセイユで開幕したメッドカップ第2戦。エミレーツチームニュージーランド(ETNZ)の圧勝で終わった第1戦カスカイス大会を経て、ほとんどのチーム(クルー)はサルディニアのルイヴィトントロフィーに出場。その後、今回のマルセイユ大会へ流れてきました。初日はTP52クラスのみ3レースがおこなわれ(GP42はプラクティスレース)、テリー・ハッチンソンの〈クァンタムレーシング〉とソウル五輪470級アルゼンチン代表のギルレモ・パラダがヘルムをとる〈マタドール〉が同率10ポイントで1、2位に。〈ETNZ〉は9位と出遅れました。

◎メッドカップ・マルセイユ大会 初日
1. Quantum Racing (USA), 8+1+1=10 points
2. Matador (ARG), 3+3+4= 10
3. Audi A1 powered by ALL4ONE (FRA/GER), 2+9+2= 13
4. Cristabella (GBR), 6+4+3= 13
5. Bribón (ESP), 1+8+8= 17
6. Synergy (RUS), 9+2+6= 17
7. TeamOrigin (GBR), 4+7+7= 18
8. Luna Rossa (ITA), 5+5+10= 20
9. Emirates Team New Zealand (NZL), 10+6+5= 21
10. Artemis (SWE), 7+12(RAF)+9= 28
11. Bigamist 7 (POR), 12(DNC)+12(DNC)+12(DNC)= 36

◎Audi MedCup
http://www.medcup.org/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 10:00| キールボート