2010年08月28日

SIN初開催ユース五輪閉幕

10.08.28_05.jpg
最終日はタイ選手と一緒に。タイの女子選手(右から2番目。KAEWDUANG-NGAM Siriponさん)は10レース中7レースでトップ。圧倒的な強さを見せました

初のユース五輪閉幕。健闘日本ウインド男女

8月25日大会最終日
 選手たちの顔つきが違います。この期間、毎回話してきた5つのポイント。この話をするのも今日が最後です。そして、選手たちには最後のレースを思いっきり楽しんでくるようにと声をかけました。風が安定しないため予定時刻より1時間ほど遅れ、風向240、風速4〜6ノット。13時前にメダルレース女子がスタートしました。

 由里は、スタートは全てのレースを通して安定しているのですが、コース取りと下りのパンピングで苦労していました。1上マークを12位で回航。2上は懸命なパンピングをして1つ順位を上げ11位で回航。下りのパンピングも何とか踏ん張り、そのままの順位でフィニッシュしました。

 女子の銀、銅メダル争いは、暫定3位で最終日を迎えたイタリアが1位でフィニッシュし銀メダル。同じく暫定5位の地元シンガポールが3位で銅メダルを獲得しました。

 このレースは誰もパンピングをやめない凄まじいレースでした。常に上位にいたイスラエルは、このレースでのスタート失敗が響き、メダル争いから脱落してしまいました。大泣きしてボートに帰ってくる彼女と、それを迎えるコーチを、一緒にコーチボートに乗っていた私たちは何も言えず下を向いてしまいました。

 由里は、今大会でシングルを1本も取れなかったことを悔しく思いますが、これが初めての海外レースであること。ましてやユースオリンピックという大舞台で、とてつもない緊張の中で立派にレースを戦ったと思います。順位は振るいませんでしたが、この大会で彼女が得たものはとても大きいものだと思います。
 
 男子は、風向230、風速5〜6ノットの中スタート。倉持は、好スタートを切りましたが角度を取りすぎ、ボードスピードが伸びず、パンピングでも他の選手に追いつかれてしまいました。マークアプローチもオーバーして12位回航。2上では上りすぎに気付き、ボードスピードを保ち10位まで上がりましたが、シングルには届かずそのままフィニッシュ。

 このレース、1ポイント差で銅メダル争いをしていたイギリスが好スタートを切り、しっかりとブローを掴み、ボードスピードも落ちることなく1位でフィニッシュ。同じく銅メダル争いをしていた韓国は3位でフィニッシュ。この順位を受け英国選手と6ポイント差で2位にいた香港が、まさかのスタート失敗。

 1上マークを8番で回航し、「このままでは3位に落ちてしまう」とコーチボートに同乗していた香港コーチは祈るように選手を見ていました。その後、身体を生かした大きいパンピングで、1下で1人、2上で2人を抜き、5位まで順位を上げフィニッシュ。銀メダルを獲得しました。金メダルは、安定したレース展開で2位と9ポイントの差をつけたイスラエルでした。
 
 全レース終了後、新体操の決勝を観戦しました。セーリングはレース期間が長かっただけに、他競技を見る事ができなかったので、選手たちは新体操が初めての観戦となり興奮気味でした。

 ユースオリンピックは、選手たちにとっては初めての長期間のレースとなりました。他競技選手との共同生活や、レース中は選手村の外にも出られず、毎日私に口うるさく指導され、とても大変だったのではないかと思います。

 成績は思うようにはいきませんでしたが、当初は参加国枠すら取れず、また経験の少ないテクノ293、そして高校1年生という年齢など、それらを考えると2人は大健闘し、見事な戦い振りだったと言えます。本当によくやったと思います。

 そして、今大会にも入っている文化教育プログラムに参加することで、多くの友達を作り、トップアスリートの話等も聞くことができました。セーリング競技をしていなければ、得る事のできなかったものを今大会でたくさん得ることができました。今回の経験はおそらく今後もトップアスリートを目指すであろうふたりにとっての大きな財産になったことは間違いありません。さらなる飛躍を期待する次第です。

 今後オリンピックを目指す上では、今回一緒にレースで戦った選手たちがライバルとなってくると思います。この世界のライバルたちとレベルの高いレースができる様に共に努力していきたいと思います。
  
◎大会最終総合成績
男子:倉持大也 8位 4-7-10-8-7-11-7-(OCS)-9-4-10
女子:由里汐里  13位  12-11-12-12-13-(OCS)-12-18-12-12-11

◎TECHNO 293 - BOYS' WINDSURFER
1 RAFIC Mayan ISR
2 CHENG Chun Leung Michael HKG        
3 MARTIN Kieran GBR

◎TECHNO 293 - GIRLS' WINDSURFER
1 KAEWDUANG-NGAM Siripon THA
2 FANCIULLI Veronica ITA
3 YONG Audrey Pei Lin SIN

◎BYTE CII - BOYS' ONE PERSON DINGHY
1 BARROWS Ian ISV
2 HAUFE Florian GER
3 van AANHOLT Just AHO

◎BYTE CII - GIRLS' ONE PERSON DINGHY
1 VADLAU Lara AUT
2 van der VAART Daphne NED
3 STOLZ Constanze GER

◎Singapore Youth Olympic Games
http://www.singapore2010.sg/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 21:40| ジュニア・ユース