2010年08月31日

RS:X級世界選手権初日

10.08.31_01.jpg
デンマークもイギリスと同じく雨が多いので頻繁に虹ができます

RS:Xワールド初日。シフト攻略がキーポイントに

レポート・写真/宮野 幹弘、関 一人
JSAFオリンピック特別委員会

 いよいよ2010年RS:X級の決戦が始まりました。今大会は1海面で4フリート(男女各2フリート)を行う関係で、前日にスタート時間が掲示されます。昨晩、確認に行くと男子が11時より、女子が13時より各2レースとの予定でした。

 3〜6ノットの風の中、男子が出艇。富澤、高橋ともブルーグループ(後組)です。イエローグループがスタートし、ブルーグループがゼネリコをしたところで風が大きく振れ、2〜3ノットに風が落ちたところでAP旗掲揚。風が安定するまで待ちますが、風は来ず。一度ハーバーへ。

 陸上で2時間待機後、7〜9ノットのシーブリーズが入ってきたところで再び出艇し、レース開始。男子のレースが始まったころ、女子の本日のレース中止が決定。明日に持ち越しとなりました。

 今大会の海面はシフトの周期が非常に早く、ブローが小さく流れる速度が速いため、視野を広くし、先を読んでいく力が非常に大切なコンディションでした。

 当地に来てからどの風向でも同じ傾向があり、選手を悩ませていますが、前戦となる英国・スカンディアでJSAF気象スタッフの岡本治朗さんから教わった事を思い出してもらい、同じような感じだと伝えると選手達は早く理解してくれたようでした。
地道な努力が実を結んでいると実感した瞬間でした。

 結局本日は男子2レースのみが行われましたが、明日は女子3レース、男子2レースが行われる予定です。

 ノーレースになった分も含めるとほぼ3レース分周回しました。
明日までにどれだけ体力回復できるか。江口トレーナーの協力のもと、選手達は必死になってストレッチ、クールダウンやフィジカルケアを行っています。

 明日は女子の初戦となります。チームジャパン、どれだけいけるか楽しみです。

◎RS:X級世界選手権 成績
男子 41ヶ国 113艇
23位 富澤 慎 (関東自動車工業)12‐13
80位 高橋 良典(関東学院大学)37‐41

10.08.31_04.jpg
富澤選手。北京オリンピックが終わり、順風以上のスピードアップを目標に練習を重ねてきました。世界のトップ選手の仲間入りなるか。楽しみです

10.08.31_03.jpg
高橋選手。大学最終年となる今年、精力的に海外遠征を行っています。今回も海外選手から1つでも得ようと毎日必死です

10.08.31_05.jpg
RS:Xのクラス協会はメディア対応として、FlickrやYoutube、Twitter、Facebookなどをいち早く取り入れてアピールしてきました(本大会ではライブ中継があるようです)。しかし、重要な大会内容のアナウンスが少なかったり、どこかチグハグ感もアリ…。本大会では、大会サイトからライブ中継をアピールする記念ポストカードがダウンロードできます。(BHM編集部)

◎2010 RS:X World Championships
http://worldwindsurfingchampionships2010.rsxclass.com/


======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 06:11| オリンピック