2010年08月31日

1日よりX35世界選手権

 葉山マリーナのQUETEFEEKは、昨年に引き続きX-35世界選手権に参加しています。今年はイタリア、スカルリーノ(プンタアラから15kmくらい北)にて35艇の参加で開催されます(レポート/大坪 明)。

 28日からの計測は、昨年のドイツ大会と異なり全艇の重量計測とキール計測、全てのセール計測が行われました。また、我々の艇を含む4艇は傾斜テストも実施されました。

 QUETEFEEKは、木村大介オーナー自らのドライブに、三島隆洋(バウ)、木村淳一(マスト)、永山桃子(フローター)、市原英樹(ピット)、山田 寛(トリマー)、大坪明(ガイトリマー)、荒川海彦(タクティシャン)、大澤光正(ショアクルー)のいつものメンバーに、チームKARASUから阪間俊文(メイン)を加えたメンバーでの遠征です。

 30日までの3日間でチューニングとテストセーリングを繰り返し、本日は休息日の予定、明日9月1日から五日間のレースに備えます。

X35 World Championship


======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 14:33| キールボート