2010年09月13日

改革なるかア杯プレス発表

上はAC72のイメージアニメです

 13日、バレンシアで第34回アメリカズカップのプロトコール、ボートデザインが発表されました。内容を抜粋して紹介します。
・72フィート・ウイングセール・カタマランのAC72を新規採用する。
・アメリカズカップは2013年に開催。
・2011年からワールドシリーズがスタート。
・2012年にユース・アメリカズカップを開催する。
・メディアはテレビとオンラインに移行。
・レースは短く、よりアクション重視に。
・レースの遅延は最小限にする(最適な風が吹く開催地を選ぶ)
・ワールドシリーズ、ユース・アメリカズカップには、AC72をスケールダウンしたAC45を使用する。

 また、気になるニューボート・AC72(カタマラン)に関して。
・AC72はボートスピード最高30ノットを超える
・クルーは全11名
・AC72のスペック
 LOA - 22.0 meters (72 feet)
 Beam - 14.0 meters (46 feet)
 Displacement - 7,000 kilograms (15,500 pounds)
 Wingsail area - 300 square meters (3,229 square feet)
・5〜6ノットでハルが浮くでしょう。
・ウイングセールの高さは最大130フィート、横幅(翼弦長)は5、6メートル。
・オンボードカメラマンが乗艇する。

 ユース・アメリカズカップなど詳細不明なものもありますが、次回アメリカズカップは改革的な大会となりそうです。今回の発表にも、ところどころにメディアを強く意識した言葉が入っています。今年7月におこなわれたメディアトライアルでは、アメリカズカップボートの魅力を引き出せる結果ではなかった、というのがバルクヘッドマガジンの感想です。この部分の成功が、アメリカズカップ成功の鍵を握り、また今後発表される開催地やワールドシリーズ、ユース・アメリカズカップ、そして2013年のアメリカズカップ本番に絡んでくるのではないでしょうか。

第34回 アメリカズカッププロトコール(PDF)

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 22:23| アメリカズカップ