2010年09月23日

レースに挑むスタート直前

連載・ケンイチ通信──FROM イングランド
『レースに挑むためのプロセス・4』


 今回はスタート直前編です。ヨットレースシーズンまっただ中。チェックポイントとして、またレースの復習の参考にしてください(BHM編集部)。

◎スタート直前
1. サイクルアイを行い、正確なラインを把握し続ける。
2. いかなる時も隙があれば風下のフリーウォーターの確保に努める。
3. 常に風の振れとブローの動きを観察しておく。
4. 時計を読む。
5. 自艇の権利をしっかり相手に伝える。
6. スタート直後に起こりうる状況説明を簡単に伝える。


◎スタート直前→何故そうするのか
1. クイックな動作がお互い同時にできるためのコミュニケーション。
2. 常にベストスピードでラインを切る最高の準備をする。
3. 突然の振れにも瞬時に反応し、クイックに自艇ポジションを変更する。
4. 正確な時間読みを行うことがジャストスタートにつながる。
5. ルールに従い戦術的に自艇をより有利な位置に持っていく。
6. 事前の報告があれば、とっさな動きにも綺麗なロスのない形で対応できる。

◎バックナンバー:ケンイチ通信──FROM イングランド

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 10:29| 連載記事