2010年09月28日

シカゴマッチ修行最終日

10.09.28_13.jpg
シカゴ・オータムオープンB最終日。強風のなかでおこなわれたファイナルで敗れ、シエスタチームは2位となりました。photo by CMRC

 9月26日、オータムオープン最終日。予定通り2ndステージを行い、われわれは6勝1敗でファイナルに進みました(1敗はポーランドチームです)。ファイナルではDon Wilsonチームとの対戦になり、われわれが3連敗をして2位で大会を終えました(レポート/シエスタ 坂本 亘)。

 昨日同様、朝から北よりの強風が沖から吹いていました。2ndステージの途中で、時折20ノットを超える風が吹きだし、メインセールをリーフします。2ndステージは上位8チームのラウンドロビンで、われわれは前日のミーティングの成果もあり、順調に勝ち星を積み重ねました。

 ファイナルで対戦したDonチームとのレースでは、プレスタートで2つもペナルティーを取ることができ、1stステージに続き2ndステージでも勝利。ポーランドチームには負けてしまいましたが、その差わずか1、2艇身と僅差での負け。しかし、ここでも内容の良いレースが行えました。

 2ndステージ終了後、上位4チームによるセミファイナルでしたが、時間の問題もありカットされることになりました。ファイナルでは、Donチームとの対戦になりました。ファイナルが始まる頃には風が強くなり、リーフしても激しいセーリング状況でした。

10.09.28_12.jpg
20ノットを超える戦いではブローチングシーンもありました。photo by CMRC

 Donチームのメンバーは、DonはFarr40、このセンターのオーナー。乗り込むクルーは、RC44などで活躍するバウマン、スター級のワールドチャンピオン、そしてセンターを運営するBill。彼はイアン・ウィリアムズのタクティシャンを勤め、WMRTの2年連続シリーズチャンピオンです。完璧にプロセーラーで固められていました。

10.09.28_11.jpg
優勝のDonチーム。photo by CMRC

 3連敗とういう形でファイナルを終えました。4日間で30マッチを行い、その大半が強風シリーズでした。優勝は逃したものの、練習でのチームワークの向上、レース後にはコーチのロッド氏とミーティングを行い、次のマッチで実践という充実したレースを行うことができました。

 9月4日から始まった約3週間半の遠征でしっかりセーリングすることができました。この遠征では風に恵まれ、風待ちや微風はほとんどありませんでした。振り返るとセーリング中は強風ばかりで、クルーは本当に良い戦いをしたと思います。

 次は10月中旬に集中トレーニングを行います。まだ取得すべき課題は多数あり、これからも頑張って行きたいと思います。みなさま、応援ありがとうございました。

◎シエスタチーム紹介
J/24全日本優勝多数、J/24世界選手権準優勝、全日本マッチレース優勝、コリアンマッチ日本代表などキールボート中心に活動する和歌山のセーリングチーム(日吉染業ヨット部)。11月中国で開催されるアジア大会マッチレース日本代表で、金メダルを獲得すべくアメリカまで武者修行の旅へ。J/80北米選手権出場後、ただいまシカゴでマッチレース修行。頭脳プレイよりも体力派。

◎Chicago MatchRace Center Autumn Open
http://www.chicagomatchrace.com/


毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:57| マッチレース