2010年09月28日

スタート直後のプロセス

連載・ケンイチ通信──FROM イングランド
『レースに挑むためのプロセス・5』


 今回は「スタート直後」です。すべてのレースで自分の思い通りのスタートができるとは限りません。いや、思い通りのスタートなんてできない方が多いでしょう。失敗した後の素早い切り替えが重要です。(BHM編集部)。

◎スタート直後
1. フラッグの確認。
2. その場の状況を瞬時に把握し、クローズのレンジを決定。
3. コンパスを確認し、自分の狙ったブローまで行く。
4. もしミスをしたら、クリアーエアをつかむ位置まで出る。

◎スタート直後→なぜそうするのか
1. 自分のイメージどうり行かなかった場合によく出ていることがある。
2. その場の状況に合ったレンジで戦略的に走り、ポジションの確保を行う。
3. 風の再確認を行い、お互いスピードに集中しバウを出していく。
4. 頭を素早く切り替え、最善の処置を行う。

◎バックナンバー:ケンイチ通信──FROM イングランド

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:05| 連載記事