2010年10月16日

江の島沖、厳しい微風戦

10.10.16_06.jpg
レーザー、ラジアル、4.7の3兄弟が揃ったシングルハンドクラス。ラジアルに15艇、4.7に14艇が参加していますが、中心は女子やユース選手。次世代のセーラーがここで成長しています。photo by Junichi Hirai

 江の島オリンピックウィーク大会2日目。本日より470級以外のクラス(レーザー、ラジアル、4.7、49er、スナイプ)もはじまり、江の島ヨットハーバーは朝から大賑わいです。

 前日の微風フラストレーションを払拭するコンディションを期待したいところですが、江の島沖は徐々に風が落ちる傾向です。また、同一海面でおこなわれる470級とスナイプ級は、稲村ヶ崎沖の定置網のために、レース海面を逗子寄りに設置しなければならず、その移動だけでも時間が掛かりました。

 470級は昨日と同じような微風戦となり、朝1本、午後1本おこない合計3レースを消化しました。スコアを安定させるのがむずかしいなかで首位に立ったのは、阿部/森田です。地道に470活動を続けている阿部ですが、今回は日本経済大(旧第一経済大)出身で、西宮で〈ワイレア〉(X35)やマッチレースなどキールボート中心に活動する森田栄納介と組んで出場しています。

 森田の470クルーはひざびさですが、微風ということもさいわいして好調をキープ。北京五輪キャンペーンでチームスレッド(山田 寛/中村健一)のサポートをつとめていた阿部は、メルゲス24、32の〈ブロス〉に乗りながら、山口県に所属して470活動を継続。そろそろワンステージ上の舞台へ上りたいころでしょう。

 470級は5レース消化時点で1レースの最も悪い成績がカットされます。明日2レース以上おこなわれれば、成績は大きく変わる可能性もあります。

 さて、本日からはじまったスナイプ級は、学生チームの活躍が目を引きました。学生実力ナンバーワンと評判の早稲田大は3、4、5位にカッチリと決め、スナイプ番長こと白石潤一郎を従える健闘をみせています。ただし、今回、白石のクルーをつとめる鈴木は昨年度早稲田大スナイプ卒ですから、同校の継続されているパワーを感じずにはいられません。

 2位には、風向ががらりと変わった第2レースのフィニッシュ間際で逆転勝利した、日本大の小又/稲垣が入りました。スナイプ級のトップは逗子開成高の教え子と組んで出場している内田/高曽です。スナイプ級には苦しい微風戦のなかでジワジワと追い上げを見せ、2-2位の成績で首位に立ちました。

 江の島オリンピックウィークは明日が最終日。天気予報では、午前中北東の軽風が吹きそうです。

10.10.16_02.jpg
470級首位に立った阿部/森田。阿部は「最近、序盤良くて後半になるにつれて成績が下がる傾向にあります」と自らを分析。ジンクスをはね飛ばして食らいつきたいところ。photo by Junichi Hirai

10.10.16_03.jpg
本日第1R、フリートが風下に集中するなか風上側からスタートして、抜群のコース引きで1位を取った近藤/田畑。ブローとシフトの読みが絶品でした。近藤/田畑は470級女子トップ。photo by Junichi Hirai

10.10.16_01.jpg
学生チームが勢いに乗るなか、ベテランの意地を見せた内田/高曽(逗子開成/横浜国立大)。photo by Junichi Hirai

IMG_5071.jpg
全日本選手権となる49er級はナショナルチーム選考レースも兼ねています。大会初日は現ナショナルチームの牧野/高橋(関東自動車工業)が圧倒的勝利。photo by Junichi Hirai

10.10.16_05.jpg
牧野/高橋に1度だけ黒星をつけたのは、中村健次(シドニー、アテネ49er級代表)、飯島洋一(北京レーザー級代表)のスペシャルコンビ。牧野/高橋に勝って調子に乗っていた飯島(写真中央)ですが、1日4Rを終える頃にはカラダはボロボロ。渋い顔で江の島を後にしていました。49er級はメダリスト関一人も出場する、豪華メンバーでおこなわれています。photo by Junichi Hirai

◎470級 参加32艇
1. Abe Yukihisa/Morita Einosuke 3-3-5 11p
2. Takahashi Hiroshi/Sugiura Hiroaki 14-4-1 19p
3. Matsunaga Tetsuya/Imamura Kimihiko 1-15-4 20p
4. Kondo Ai/Tabata Wakako 7-1-12 20p…女子1位
5. Naoki Ichino/Ryouhei 2-12-6 20p
6. Nagahashi Makoto/Tabuchi Yasuhiro 9-9-3 21p

◎49er級 参加6艇
1. Makino Yukio/Takahashi Kenji 2-1-1-1 5p
2. Nakamura Kenij/Iijima Youichi 1-7-2-2 12p
3. Iwasaki Yuji/Ono Motohoro 7-3-4-3 17p

◎レーザーラジアル級 参加15艇
1. Takahasi Kaori 3-1 4p
2. Nagai Hisaki 2-5 7p
3. Doi Manami 1-10 11p

◎レーザー4.7級 参加14艇
1. Kunimi Ayano 1p
2. Tsuchiya Yumiko 2p
3. Kitamura Yuichiro 3p

◎スナイプ級 参加22艇
1. Uchida Shinichi/Kouso Youhei 2-2 4p
2. Komata Tomokazu/Inagaki Nami 6-1 7p
3. Furuya Shingen /Isaka Akira 1-8 9p
4. Kato Fumiya/Shibao Wataru 9-3 12p
5. Kiuchi Yoko/Kobayashi Makoto 3-9 12p
6. Shiraishi Junichiro/Suzuki Kaichi 7-6 13p

◎江の島オリンピックウィーク2010
http://www.f-ssc.com/EOW2010.htm

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 23:19| オリンピック