2010年10月17日

江の島五輪週間最終日

10.10.17_01.jpg
微軽風戦となった本大会。最終日第1Rに風速5メートルの風が入りましたが、それも長くは続かず。photo by Junichi Hirai

 15〜17日まで江の島で開催された江の島オリンピックウィーク。17日最終日は、北東の軽風で各クラスとも3〜4レースおこなわれました。注目の470級は、阿部/森田がナショナルチームを引き離して初のビッグタイトル獲得です。

「スタートはいまひとつ。シフトをつかめる場所へボートを持って行けたのが勝因だったと思います。いまのところは山口で練習することが多く、これから全日本に向けて週末トレーニングしていきます」(阿部)

 出艇前はどことなく緊張しているふうだった阿部ですが、自信につながる優勝を飾り、11月西宮全日本、1月ナショナルチーム選考への景気づけとなりました。

 470級女子は、フランスを振り切って近藤/田畑が優勝を決めました。近藤/田畑ほかナショナルチームは、このオリンピックウィークが終わると和歌山へ移動して、20日に開幕する和歌山インターナショナルレガッタへ出場します。

 また、スナイプ級は早稲田大のリーダー艇、古谷/井坂が社会人を圧倒しました。早稲田大は、本大会に予備艇を含めて470級4艇、スナイプ級4艇で出場しています。主将の古谷によると、「全日本インカレ前に少しでもレース経験を積みたい」という理由があったようです。早稲田大は20日から蒲郡入りして、全日本インカレに備えるとのこと。

 レーザー3クラスがおこなわれた海面は、ふれ回る風のためコース短縮、マーク変更、ノーレースが相次ぎ混乱する場面もありました。レーザー級は大塚邦弘が逃げ切り優勝。ラジアル級は、アジア大会ラジアル代表の永井久規。レーザー級ナショナルチームでもある永井は、アジア大会出場のために5キロ減量。今年は会社の応援もあって、海外大会にも積極的に参加できました。14艇の参加があった4.7級には、OPを卒業したユースセーラーが多く出場し、市川夏未が優勝を果たしました。

 49er級優勝の牧野/高橋は、次年度ナショナルチームに確定しました。49er級はいまのところ彼らだけ五輪活動をしているので、当然と言えば当然ですが、今回も岡山、和歌山からの参加があり、国内では少ない49er級のレースを心地よい疲労感とともに楽しんでいる様子でした。この49erフリートの持つよい雰囲気が全国に広がれば、ジワジワ選手が増えていくのではないでしょうか。

「今年は11月にパースインターナショナルレガッタに出場します。ISAFワールドのプレイベントでもあり、五輪出場を狙う海外トップ選手はほとんど出てくるはず。そして来春までは国内でみっちり乗り込みをおこないます」(牧野)

 風に翻弄された江の島オリンピックウィーク。多くの選手は、これからおこなわれる全日本などのビッグレガッタの調整としてとらえていたようです。学生、社会人、そして海外選手も一緒に走れるレースは、国内でほとんどありません。レース経験を積むのに、これほど適したレースはないでしょう。願わくは「ナショナルチームを凹ませてやる!」ぐらいの気合の学生選手が多くいてもいいのではないでしょうか。その辺は、来年のオリンピックウィークに期待します。

10.10.17_02.jpg
社会人セーラー森田に合わせて週末練習を積んでいきたいという阿部。課題は山積みですが、新コンビの好スタートを切りました。photo by Junichi Hirai

10.10.17_03.jpg
関東自動車工業のボートを借りて出場したLEBOUCHER/GAROS(仏)。日本人選手と違って、応用ある効果的なクルーワークが目を引きました。photo by Junichi Hirai

10.10.17_04.jpg
第4Rのリコールが痛かったLECOINTRE/GERON(仏)ですが、さすが世界で戦う選手だけあって、下位からでも必ず追い上げてきます。photo by Junichi Hirai

10.10.17_05.jpg
49er級牧野/高橋。牧野の熱血漢は相変わらず。視線はすでにロンドン五輪へ向いています。photo by Junichi Hirai

10.10.17_06.jpg
スナイプ級は古谷/井坂(早稲田大)が社会人を払いのけて優勝。3位に甘んじたスナイプ番長は、なんだかんだブーたれていました。photo by Junichi Hirai

10.10.17_07.jpg
国内で増えつつあるレーザー4.7級。OPを卒業したばかりの選手ががんばっています。photo by Junichi Hirai

10.10.17_08.jpg
レーザーラジアル級優勝の永井。アジア大会では、韓国、シンガポールなど強力なライバルがいます。がんばれ!

◎470級 参加32艇
1. Abe Yukihisa/Morita Einosuke 3-3-5-6-(16)-1-6 24p
2. Matsunaga Tetsuya/Imamura Kimihiko 1-(15)-4-12-6-5-2 30p
3. Harada Ryunosuke/Yoshida Yugo 12-10-2-5-1-4-(13) 34p
4. Kondo Ai/Tabata Wakako 7-1-(12)-11-5-3-7 34p…女子1位
5. Naoki Ichino/Ryouhei Yoshimi 2-12-6-3-(13)-9-4 36p
6. Pierre Leboucher/Vincent Garos 4-5-(16)-2-10-2-14 37p

◎49er級 参加6艇
1. Makino Yukio/Takahashi Kenji (2)-1-1-1-1-1-1 6p
2. Nakamura Kenij/Iijima Youichi 1-(DNC)-2-2-2-2-DNC 12p
3. Iwasaki Yuji/Ono Motohoro (DNF)-3-4-3-3-4-4 21p

◎レーザー級 参加18艇
1. Otsuka Kunihiro 2-3-2-3-(6)-1 11p
2. Fujino Shun (10)--2-3-1-3-5 14p
3. Hirose Kazutaka (OCS)-1-9-4-2-2 18p
4. Awano Kazuaki (7)-4-7-2-1-6 20p
5. Dore Morsier (OCS)-5-6-5-7-3 26p
6. Yuasa Naoto 4-8-5-(9)-4-7 28p

◎レーザーラジアル級 参加15艇
1. Nagai Hisaki 2-(5)-1-5-1 9p
2. Doi Manami 1-(10)-2-6-3 12p
3. Takahasi Kaori 3-1-4-7-(9) 15p

◎レーザー4.7級 参加14艇
1. Ichikawa Natsumi 4-2-2-15 23p
2. Kikuchi Kohei 5-10-8-1 24p
3. Kitamura Yuichiro 3-6-1-15 25p

◎スナイプ級 参加22艇
1. Furuya Shingen /Isaka Akira 1-8-(BFD)-1-4-1 15p
2. Komata Tomokazu/Inagaki Nami 6-1-2-(11)-3-8 20p
3. Shiraishi Junichiro/Suzuki Kaichi (7)-6-4-3-2-5 20p
4. Uchida Shinichi/Kouso Youhei 2-2-1-4-13-(20) 22p
5. Kato Fumiya/Shibao Wataru 9-3-3-(21)-6-3 24p
6. Kiuchi Yoko/Kobayashi Makoto 3-9-12-7-(20)-4 35p

◎江の島オリンピックウィーク2010
http://www.f-ssc.com/EOW2010.htm

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 23:46| オリンピック