2010年10月26日

シエスタ大会初日3勝1敗

10月25日
 今日からレースが開始されました。9チームで総当りを2回行い、上位4チームが準決勝に勝ちあがるフォーマットになりました(レポート/シエスタ 坂本 亘)。

 われわれチームシエスタは、初戦でNZLのグラエムチームと対戦し、プレスタートでペナルティーを取られてしましたが、その後上手くシフトを掴み、2上レグでは相手がオーバーセールをした隙をついて解消しました。その後は2艇身差をキープして厳しいレースで勝ち星を挙げました。

 2レース目、3レース目も僅差のレースでしたが、確実に勝利しました。

 4レース目では、NZL勢で現在、最も勢いのあるWAKA Racingのフィル・ロバートソンと対戦になりました。プレスタートでは日本で練習を行った状況になり、われわれが上手くリードイン(相手より先にスタートラインに戻ること)を行い、時間をつぶすことに成功します。さらにスタート15秒前に相手を本部船の外側に追い出し、われわれと本部船の間に強引に割り込んできた、WAKA Racingに2個のペナルティーを与えました。

 スタート後、大きくリードしましたが、後続艇にリフトのブローが入る不安定なコンディションになり、1上マークでは相手に1ボートの差をつけられ先行されました。その後は2艇身から3艇身差をキープしますが、フィニッシュライン際での解消でわれわれのコースに入ってきたのでY旗をあげますが、グリーン旗となり大きな勝ち星を挙げれませんでした。メンバーのLaurieは最後までアンパイアの判定に納得のできないという感じでしたが、われわれにとって大きな収穫を得たレースとなりました。

 今日は4〜10ノットのコンディションでした。レースエリアが非常に狭いので、風は不安定です。今日はその中で上手くポジションをキープできたと思います。

 明日も引き続きラウンドロビンが行われます。多数の強豪チームがいるので厳しい戦いが予想されますが、セミファイナル(上位4チーム)を目指して明日に望みたいと思います。

◎シエスタチーム紹介
J/24全日本優勝多数、J/24世界選手権準優勝、全日本マッチレース優勝、コリアンマッチ日本代表などキールボート中心に活動する和歌山のセーリングチーム(日吉染業ヨット部)。11月中国で開催されるアジア大会マッチレース日本代表で、9月にはアメリカまで武者修行の旅へ。ただいまニュージーランドコーチとともにマレーシア・モンスーンカップ予選(アジアマッチレース選手権)に出場中。

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 21:48| マッチレース