2010年10月31日

蒲郡全日本インカレ開幕

10.10.31_01.jpg
全日本インカレ初日は小雨まじりの軽風戦となりました。470、スナイプとも、“カブトをかぶった兵士のロゴ”が目を引く関西大が快走。総合首位に立ちました。photo by Junichi Hirai

 10月31〜11月3日まで、愛知県蒲郡市・海陽ヨットハーバーで第75回全日本学生ヨット選手権が開催されています。出場するのは、全国水域予選を勝ち抜いた470級24校、スナイプ級24校。4日間で10レースが予定され、470級、スナイプ級、総合(両クラス合計得点)により競われます。

 大会初日は、小雨の降る中、3レースがおこなわれました。マーク変更を強いられるシフティーな風でフラットな海面。72艇の豪快な一斉スタートや大混雑となるマーク回航などインカレ特有の迫力あるレースがおこなわれました。

 470級は日本経済大が首位に。前評判通り、飯束、岡、土居の鉄壁スキッパーの安定した走りが印象的でした。2位は女子パワーが炸裂した関西大です。大曲昭子、後藤沙季の女子2艇がシングルを連発。大曲に至っては本日個人成績2-1-3位の圧巻スコアを残しました。3位には、じわじわと前を見据える慶應大が続いています。

 スナイプ級は、実力ナンバーワンと名高い早稲田大の成績が安定せず、混戦模様です。どの大学が前に出てくるのかまったく予想ができません。初日トップは、中古のピアソンスナイプで快走する同志社大、2位には、攻めのスタートが印象的だった金沢大、3位には関西大がつけています。

 大会はまだまだ序盤。明日以降の戦いに注目です。

10.10.31_02.jpg
470級はマーク回航が大混戦。一分の隙も見逃さない気合いで、きれいに並んで走ります。photo by Junichi Hirai

10.10.31_03.jpg
軽風域で巧みなコース戦術が光った大曲艇(関西大)。photo by Junichi Hirai

10.10.31_05.jpg
全日本インカレ初日写真集を更新しました。photo SAIL!

◎蒲郡全日本学生ヨット選手権 大会初日 成績
470級
1. 日本経済大 84p
2. 関西大 96p
3. 慶應大 118p
4. 早稲田大 129p
5. 中央大 191p
6. 日本大 197p

スナイプ級
1. 同志社大 146p
2. 金沢大 165p
3. 関西大 202p
4. 日本大 206p
5. 早稲田大 217p
6. 慶應大 238p

総合
1. 関西大 298p
2. 早稲田大 346p
3. 慶應大 356p

◎愛知県ヨット連盟/全日本学生ヨット選手権(速報、成績表等)
http://www.ayf.jp/
◎バルクヘッドマガジン×photo SAIL!
http://www.bulkhead.jp/photo/photo.html

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 19:46| インカレ