2010年11月11日

リオ五輪種目決めはじまる

10.11.11_01.jpg
2010年度のISAFセーラーオブザイヤーは、ウインド(2010年RS:X、2005年ミストラル)で2度のワールドチャンピオンに輝いたブランカ・マンション(スペイン。左写真中央)と、3度の世界選手権を制したレーザー級王者、トム・スリングスビー(オーストラリア)が獲得しました。photo Kurt Arrigo/Rolex, Daniel Forster / Rolex

 毎年11月に開催されるISAF総会(ISAF Annual Conference)。11月におこなわれることからノベンバーミーティングとも呼ばれ、ホテルを貸し切ってISAFに関係する各協会、委員会の会議がおこなわれます。今年のISAF総会は、現在アテネで開催されています。

 ISAF総会でいちばんの話題となるのは、ISAFの財布事情に大きく影響するオリンピックです。今年より2016年リオ五輪の種目・艇種決めが始まりました(最終決定は2012年?)。昨日のイベント委員会の会議では、種目の投票が行われ、下記の種目・艇種が候補にあがりました。この結果は、上位組織のISAF評議会に投げられ、2011年5月の中間総会(ISAF Mid-Year meeting)で承認される予定です。

◎ISAFイベント委員会によるリオ五輪投票結果
 ボード、もしくはカイトボード男女──艇種検討
 1人乗りディンギー男子 ── レーザー級
 1人乗りディンギー女子 ── レーザーラジアル級
 2人乗りディンギー(スキフ)男子 ── 49er級
 2人乗りディンギー(スキフ)女子 ── 艇種検討
 1人乗りディンギー男子 ── フィン級
 2人乗りマルチハル男女混合 ── 艇種検討
 2人乗りスピネーカーディンギー男女混合 ── 470級
 女子キールボート ── エリオット6m

 男子キールボートのスター級がなくなったこと、マルチハルの復活、470級女子の代わりに女子スキフ、カイトボートの推薦などが注目されます。ただし、これは、ISAFの最終決定ではありません。ロンドン五輪の種目決定で、最後に大どんでん返しがあったように、現時点の流れとして理解しておくべきでしょう。

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:14| オリンピック