2010年11月20日

日本三種目で金メダル獲得

10.11.20_13.jpg
アジア大会、マッチレースで金メダルを果たした日本チーム(坂本、和田、岡本、吉藤)。photo by dailysailing.com

 11月12日から開催されている第16回アジア競技大会セーリング競技(競技会場:汕尾・シャンウェイ)は、本日20日最終日を迎え、無事すべての競技を終了しました(JSAFオリンピック特別委員会 広報)。

 6日間にわたる競技の結果、日本は、

470級(二人乗り)男子・原田龍之介(25歳)/吉田雄悟(27歳)組(アビーム コンサルテイング):金メダル

470級女子・近藤 愛(30歳)/田畑和歌子(27歳)組(アビーム コンサルテイング):金メダル

マッチレース(四人乗り)の坂本 亘 (31歳)/岡本康裕(31歳)/吉藤博章(30歳)/和田大地(36歳)チーム(日吉染業):金メダル

レーザーラジアル級(一人乗り)永井久規(30歳・豊田合成):銀メダル


 をそれぞれ獲得しました。

 金メダル3個の獲得はアジア大会・セーリング競技では過去最高の数になります(前回2006年カタール・ドーハ・アジア大会では金1、銀4、銅1の各メダルを獲得)。

 その他、ウインドサーフィンRS:X級の富澤 慎(26歳・関東自動車工業)は4位。

 ユース・ジュニア世代の420級(二人乗り)山口寛規(18歳・福岡第一高校3年)/磯崎哲也(18歳・同)組は5位、同じくOP級(一人乗り)男子の岡田奎樹(14歳・福岡市立内浜中学校3年・福岡ジュニアヨットクラブ)は5位、同級女子の深沢瑛里(15歳・湘南白百合学園中学校3年・湘南ジュニアヨットクラブ)は5位でした。

 アジア大会における470級男子優勝は、1990年(中国)、1994年(広島)に続く4大会ぶり3回目のものです。原田・吉田組は現在世界ランキング15位。2010年世界選手権18位。ナショナルチームのトップランクのチームとして男子470級界をけん引しています。

 470級女子優勝は、前回大会(カタール)に続く2回目です。艇長の近藤愛は2大会連続の金メダルです(クルーの田畑は初)。近藤・田畑組は世界ランク9位。2010年世界選手権6位、ワールドカップ第7戦優勝。世界屈指のスピードとテクニックを誇るチームです。今大会でも他国を一蹴、大会5日目にして優勝を確定しました。ロンドン五輪のメダル最有力候補です。

 日本初参加のマッチレース・坂本チームは準決勝4位から巻き返しを図り、本来の実力を発揮して逆転の金メダルです。重量級の坂本チームは代表決定後、果敢に海外遠征を試み武者修行を続けたことが実を結びました。レベルの高い日本マッチレース界のトップチームとしての面目躍如です。

 銀メダルのレーザーラジアル級永井は、本来は1クラス上のレーザー級のナショナルチーム選手ですが、今回は体重調整を図り、ナショナルチームの専任コーチらの猛特訓を受けて万全を期して大会に臨みました。5日目までは首位をキープしていましたが、終盤に逆転され悔しい2位メダルとなりました。

 今大会、日本セーリング連盟・オリンピック特別委員会(委員長:山田敏雄)は大会前の目標をあえて高く設定していましたが、金3、銀1の結果で、わずかに及びませんでした。とくにユース・ジュニアクラスの3種目についてはアジア諸国が加速する次世代選手の育成・強化レベルに後れを取る結果となりました。この点については連盟ならびに当委員会として真摯に受け止め、さらなる基盤強化に取り組む決意を固めています。

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 21:52| ディンギー