2010年11月21日

パース、風に翻弄される

10.11.20_15.jpg
3個の金メダルを持つ、五輪セーリングで最も有名なBen Ainslie(GBR)。アメリカズカップを断念し、ロンドン五輪へ向けて本格始動しています。photo by Junichi Hirai

 フリーマントルの町は、「世界で2番目に風が強い町」をキャッチフレーズにしているのだそうです。しかし、パースインターナショナルレガッタ5日目のフリーマントルは、「らしくない」風で選手を翻弄させました。

 これまで3レースしか消化していない470級男女は、午後のシーブリーズを求めて海に出たものの、あやしいミニ前線の通過で、一瞬だけ吹き上がりましたが、一気に風が無風になりレースをキャンセル。470級男女は、たった3レースで最終日のメダルレースに挑むことになります。

 本大会では、レースの日程を午前・午後で種目を分けておこなわれています。午前中の種目の選手は午後がオフになるし、風も午前なら軽風、午後なら強風といったふうに変化がをつけられるメリットがあります。

 しかし、そううまくいかないのがヨットレースです。今回のように風が不安定だと、1つの種目にアンラッキーが生じてしまいます。日程の変更をおこなわなかったレース委員会にどんな考えがあったのかわかりませんが、多少の不公平を感じずにはいられません。

 本日おこなわれた、レーザー級、ラジアル級、フィン級のメダルレースは、午後1時から1時間遅れでスタート予定でした。しかし、風がないために、しばらく遅延され、成立したのはレーザー級のみ(レーザー級は、BHMで紹介してきたトム・スリングスビーが2位を取って逆転優勝です)。フィン級は、レース中に風がまわってしまいノーレースに。ラジアル級においては、ビーチから出艇することなく大会を終えました。

 先日、本大会は、ISAFセーリングワールドのテストイベントではあり、運営のトレーニング要素が強いと書きました。レースをこなすにつれて、(スタッフはたのしそうにしていますが)残念ながら運営のミスや、つたない段取りが目立ってきています。来年の大会は、こうしたものがクリアされていないと、選手にストレスを与えるかもしれません。

10.11.20_16.jpg
一瞬吹き上がった風でスタートするもトップマークでキャンセルされた470級。このフリートに日本チームがいないのは、さみしいものです。photo by Junichi Hirai

10.11.20_14.jpg
テレビの取材を受けるElise Rechichi / Tessa Parkinson(北京五輪470女子金メダル)。フリーマントルセーリングクラブ出身の2人は、現役選手を引退して大会の広告塔となっています。Tessa Parkinsonはプレスも担当して忙しそうです。photo by Junichi Hirai

10.11.20_17.jpg
上位とボートスピードに差があり、すべての展開でワンテンポ遅れてしまう牧野/高橋。苦戦。photo by Junichi Hirai

10.11.20_21.jpg
自費遠征を続けているホール・イアン。パースの友人選手の家に泊めてもらっています。パースの後は、シドニー、メルボルンの大会に出場して帰国予定。セーリング環境に悩みもありますが、走り続けないことにはなにも始まりません。がんばってやってます。photo by Junichi Hirai

◎パースインターナショナルレガッタ 5日目成績
49er
1. OUTTERIDGE Nathan / JENSEN Iain AUS 1-1-1-(5)-1-3-2 10p
2. FLETCHER Dylan / SIGN Alain GBR 7-4-(10)-4-1-3-1-10 30p
3. DYEN Emmanuel / CHRISTIDIS Stephane FRA 5-1-1-6-6-12-(17) 36p
32. MAKINO Yukio / TAKAHASHI Kenji JPN (15)-12-15-11-14-12 76p

LASER 終了
1. SLINGSBY Thomas AUS 7-1-1-1-5-4-4 16p
1. STIPANOVIC Tonci CRO 1-2-4-2-(14)-1-14 24p
3. GOODISON Paul GBR3-4-3-(12)-6-8-2 26p
44. HALL Ian JPN 28-21-17-27-23-14 102p

LASER RADIAL 終了
1. MULTALA Sari FIN 32p
2. TENKANEN Tuula FIN 46p
3. LINDBERG Alberte Holm DEN 52p

FINN 終了
1. LOBERT Jonathan FRA 8p
2. SCOTT Giles GBR 14p
3. TRUJILLO VILLAR Rafael ESP 16p

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 06:56| オリンピック