2010年11月29日

豪ダウンアンダーシリーズ

 日本が冬になる12月、1月の南半球は夏。オーストラリアではセーリングシーズンに入ります。ディンギーではISAFワールドカップ第1戦となるセールメルボルンをはじめ、各種目のナショナル、1月にはモス世界選手権、オフショアでは年末名物のシドニーホバートレースも開催されます。毎年、オーストラリア東海岸のシリーズレースに出場しているレーザー級の室松さんからレポートが届いたのでここに紹介します(BHM編集部)。

---------------------------------------------
 南半球オーストラリアでは、真夏のクリスマスを迎える年末、ダウンアンダーシリーズと呼ばれるレースが開催されます(レポート・写真/室松さとし)。

 セールブリスベンから始まり、セールシドニー、そして有名なセールメルボルンで幕を閉じます。今年はパースで来年のPerth2011のテストイベントが開催され、大きな大会が4つ続きます。

 例年は参加艇が多いブリスベンもパースの大会に主力選手が参加したためか、今年は参加が少なく、レーザースタンダードは9艇のみとちょっとさびしい感じになっています。

 地元のディーラー達もパースからブリスベンを飛ばしてシドニーに行くらしく、直前でチャーター艇のキャンセルをされ、かなり焦らされました。

 毎年ブリスベンに来ているので、さいわいブリスベンには知り合いが多く、地元のフィンセーラーのBrendan Casey からレーザーを貸してもらいました。

10.11.29_04.jpg
左から室松、Brendan、五十嵐の各選手

 彼は現在、フィン級の強化選手としてロンドン五輪のキャンペーン中ですが、兄弟全員がレーザーに乗るレーザー一家です。彼自身、2005年の爆風シリーズのブラジルワールドで5位に入った経歴を持っています。


 毎年オーストラリアは1人で遠征していましたが、今年はウルマンセイルズの五十嵐選手が一緒です。彼は強風のオーストラリアで腕を磨き上げて帰る予定です。

 さて、いつもはキチンとしたホテルに泊まりますが、今回はブリスベンの後、シドニーにも参加するのでコストダウンのためにユース達が寝泊まりしているハーバー内の宿舎です。

10.11.29_05.jpg
宿泊はハーバー内のドミトリーです

 まさにタコ部屋です。しかもユースの連中のイビキが強烈です。今回はホテルではないため、ブリスベンからのレポートは全てiPhoneであげます。

 大会は4日間、終ったらシドニーに移動して、今度はBURKEの社長宅に泊めてもらいます。

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:39| ディンギー