2010年12月06日

寒くて痛い?英国の日々

連載・ケンイチ通信──FROM イングランド
『極寒!ウェールズ』

文・写真/中村健一

10.12.06_12.jpg
 イギリスは非常に天気の移り変わりが激しい国で、晴れていたかと思えば急に雨が降ったりやんだり。これまではその程度ですんでいたのですが、今週はこれまでの雨が全て雪に変わり、雪が降ったりやんだりで「本当に寒い!」のひと言です。

10.12.06_10.jpg
 また、こちらの雪(?)はコメ粒ぐらいの大きさで、写真をみてわかると思いますが、おむすびを作る前の状態に見えます。これがゴムボート運転中に顔にあたる雪がとにかく痛い! 目に入ると最悪で天気が良くても悪くてもゴーグルが必要になってきました。

10.12.06_11.jpg
 海上トレーニングも強風の中で行われ、生徒は沈を繰り返していました。もう見ているだけで寒すぎます。彼らはウエットスーツやドライスーツを着ていますが、顔や手が10分もしないうちにカチカチになり、本当につらそうなのが分かります。しかし、そこは心を鬼にしてしっかり1日セーリングを行いました。

10.12.06_09.jpg
 セーリングはともかく、となりで行っていたウインドサーフィンのグループはセーリング以上に今週はとてもかわいそうです。とにかく沈の繰り返しです。彼らを指さし、「われわれのほうが暖ったかいぞ!」とセーリンググループを励ましていました。

 オリンピックキャンペーンを行っていたころは、常に夏に近いところで練習、レースを行っていたので、あまり日本の冬でさえまともにセーリングしていません。これまでのツケがまとめて帰ってきている感じです。

 明日の予報も雪です。 恐るべしイギリス!

◎バックナンバー:ケンイチ通信──FROM イングランド

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 11:04| 連載記事