2010年12月22日

BHMカタールだより(6)

10.12.21_06.jpg
第4レース3位でフィニッシュする今村/内野。本日3-6-8位で大爆発しました。photo by Junichi Hirai

 カタール・ドーハ470級ジュニア世界選手権4日目は、昨日までできなかったレースを消化するために、男子4、女子2レースをおこないました。帰着は日暮れ。本当に長い長い1日となりました。

 本日、ふんばりを見せたのは、男子の今村亮/内野航太(日本経済大)です。昨日の最終レースのスタート(結局ゼネリコによりスタートできず)で、ブラックフラッグにより第3レースをスタートできなかった今村/内野ですが、続く第4、5、6レースで3-6-8位とシングルを連発。自ら招いたピンチをチャンスに変えて、総合6位に浮上です。

「(ブラックフラッグによる失格で)後のない状況でしたが、無理はしないで走らせました。スタートで逃げた第4レースで右に風が振れたので、うまく挽回できました。成績を下げたレースもありましたが、きょうは上出来です。明日も気を抜かずに戦います」(内野)

「スタートでしっかり出ることを意識していました。失敗もありましたが、うまくできたと思います。あとは、大きシフトをはずさずに走ること。内野さんのフリック(クルーがトラピーズワイヤーをつかっておこなうパンピング)が相当効きました」(今村)

 男子から女子にボートを乗り換えることには、風が10ノットを超えて、軽量日本チームにはオーバーパワーのコンディションに。首位を走る後藤/西山も、パワフルな海外勢に遅れを取り7-6位の結果でした。しかし、前日までのアドバンテージがあり、ドイツと同率トップに立っています。

「体重が軽いので風が吹くと走り負けしていますが、なんとか踏みとどまりました。わたしも、後藤さんも負けず嫌いです。明日のメダルレースは負けません!」(西山)

 明日最終日は、午後からメダルレースがおこなわれます。日本からは、男子1、女子2チームが出場。女子は金メダルがかかる大勝負です。日本がメダルを獲得すれば史上初の快挙。がんばれ!

10.12.21_02.jpg
軽風から中風で4レースを消化した男子。首位争いは前年度優勝のフランスとオーストリアがリードしています。photo by Junichi Hirai

10.12.21_04.jpg
いつもバルクヘッドに掲載されることを気にしているクルーの内野(3年)と真面目〜な今村(2年)。羽咋工業高校出身の今村は「インターハイで大した成績もなかった自分が、大学に入ってここまで走れるようになるとは思いませんでした」。日本経済大の指導力は世界に通じています。photo by Junichi Hirai

10.12.21_05.jpg
長い1日となった大会4日目。女子がフィニッシュすると同時に日没となりました。photo by Junichi Hirai

10.12.21_03.jpg
ハーバーを後にする頃にはもう夜です。長いカタール遠征もあと1日。毎日ホテル〜ハーバー〜海を行き来しているばかりで、カタールを見てまわる時間はありませんが、どこの国へ行ってもそんなものです。海ばかり。photo by Junichi Hirai

470 JUNIOR WORLD CHAMPIONSHIP
470 WOMEN
1. JPN 後藤/西山 4-1-2-1-1-(7)-6 15p
2. GER JURCZOK / BACH 1-(13)-1-2-3-4-4 15p
3. GER BOCHMANN / LORENZ 6-3-5-(17 BFD)-4-1-3 22p
4. GER LUTZ / BEUCKE 9-(11)-4-4-7-2-2 28p
5. POL ZIELINSKA / ZIELINSKA (14)-10-3-5-2-10-7 37p
6. JPN 徳重/安田 3-2-(12)-6-9-9-8 37p
7. NED KYRANAKOU / MARCK 5-9-10-8-(15)-6-1 39p
8. UKR KYSELOVA / CHUNIKHOVSKA 8-5-9-(17 BFD)-8-5-5 40p
9. GER PEPIN / BECKER 10-4-6-3-12-12-(13) 47p
10. MAS AFENDY / ZULKIFLI 2-(15)-8-7-5-15-12 49p

470 MEN/MIXED
1. FRA BOUVET / MION 5-(7)-2-5-1-1 14p
2. AUT BARGEHR / MAHR 12-(19)-1-1-2-3 19p
3. ITA KOSUTA / FARNETTI 4-16-8-(19)-3-10 41p
4. GER ZEPUNTKE / BALDEWEIN 2-1-(33 BFD)-26-11-4 44p
5. ITA VIGNONE / RAMIAN 7-(17)-12-14-8-5 46p
6. JPN 今村/内野 8-24-(33 BFD)-3-6-8 49p
7. NED BENNEN / OOMENS 11-18-(33 BFD)-9-5-7 50p
8. GRE PAPOUTSOGLOU / ORFANOS (16)-3-13-11-13-12 52p
9. FRA BERNARD / JAVAL 13-13 (33 BFD)-12-16-2 56p
10. FRA PELISSON / ROSSI 17-21-3-(23)-4-11 56p
23. JPN 土居/外園 (25)-9-17-25-15-16 82p

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:08| ジュニア・ユース