2010年12月24日

後藤西山 、銅メダル獲得!

10.12.24_01.jpg
フィニッシュ直後の後藤・西山。悔しさとうれしさが混じるガッツポーズです。photo by Junichi Hirai

女子 後藤・西山組 、銅メダル獲得!
470ジュニアワールド日本初の快挙


12月22日
 大会もあっという間に、最終日となりました。注目は午後から行われるメダルレースです。今日は、会期中で一番風が強い日でした(平均5〜6m、マックス7mくらいです)。

 午前中は、残念ながらメダルレースに残れなかった土居組がレースをしました。今日の土居組のレースは今までで一番よかったと思います。順位は4位(総合19位)でしたが、しっかりとした走りで何かつかめたのではないかと感じました。

 いったん陸に上がってメダルレース用の船が発表されました。メダルレースが始まる頃には、風は安定して強いブローが入っていました。メダルのかかっている後藤組は強風は苦手ですが、2人の目はやる気マンマンです!

 スタートも2位の船との位置関係を考えながらスタートしましたがうまく出られませんでした。しかし、しっかりと前についていこうと必死で走り抜きました。途中までは銀メダルでしたが、最後の上マークで1艇抜かれてしまい、6位フィニッシュ。総合3位の銅メダルを獲得しました。メダル獲得はとてもすごいことです。二人ともよくがんばりました。

 予選シリーズ6位で挑んだ徳重組は、スタートのときにポーランド船とのトラブルにより双方失格となり、総合8位で大会を終えました。

 一方、男子のメダルレースは今村組が6位で挑みました。今日はスタートでうまく出られず、やっぱりトップ10の中でのレースはそう簡単に前を走らせてもらえません。残念ながら10位でフィニッシュをしました。総合10位。“世界の壁はやっぱり高かった”と思いました。

 振り返ると今回のジュニアワールドは軽風から強風までオールマイティな風の大会でした。日本チームの軽風での走りは世界で十分に通用します。あとは、強風での乗り込みです。

 メダルレースに4チーム中3チームも出場することができ、しかも銅メダルを獲得することができました。次世代セーラーの励みにもなります。4チームにはよい経験だったと思います。今後も練習を続けて、世界に大きく羽ばたいてもらいたいと思います。

10.12.24_02.jpg
トロフィーを持っていると知らない人からもCongratulationの嵐。おめでとう、銅メダル! photo by Junichi Hirai

470 JUNIOR WORLD CHAMPIONSHIP
男子最終成績(12カ国・32艇)
1 FRA SOFIAN BOUVET/JEREMIE
5-(7)-2-5-1-1-4 MED 18p
2 AUT DAVID BARGEHR/LUKAS MAHR
12-(19)-1-1-2-3-12 MED 31p
3 ITA Simon SVITZKOSUTA/Jas FARNETTI
4-16-8-(19)-3-10-16MED 57p
4 FRA SACHA PELISSON/NICOLAS ROSSI
17-21-3-(23)-4-11-2 MED 58p
5 GRE Vasileios PAPOUTSOGLOU/Ioannis ORFANOS
(16)-3-13-11-13-12-6MED 58p
6 NED Dirk BENNEN/Remy OOMENS
11-18-(BFD)-9-5-7-8 MED 58p
7 GER DANIEL ZEPUNTKE/DUSTIN BALDWEIN
2-1-(BFD)-26-11-4-14 MED 58p
8 ITA Davide VIGNONE/Matteo RAMIAN
7-(17)-12-14-8-5-18 MED 64p
9 FRA GABRIELSTOCZEK BERNARD/ACHILLE NEBOUT-JAVAL
13-13-(BFD)-12-16-2-10 MED 66p
10 JPN 今村亮/内野航太(日本経済大学)
8-24-(BFD)-3-6-8-20 MED 69p
19 JPN 土居一斗/外薗潤平(日本経済大学)
(25)-9-17-25-15-16-26 FIN 108p

女子最終成績(8カ国・16艇)
1 GER Victoria JURCZOK/Josephine BACH
1-(13)-1-2-3-4-4-8 MED 23p
2 GER Annika BOCHMANN/Anika LORENZ
6-3-5-(BFD)-4-1-3-4 MED 26p
3 JPN 後藤沙季/西山宏美(関西大学)
4-1-2-1-1-(7)-6-12 MED 27p
4 GER Tina LUTZ/Susann BEUCKE
9-(11)-4-4-7-2-2-2 MED 30p
5 NED Afroditi KYRANAKOU/Shannen MARCK
5-9-10-8-(15)-6-1-6 MED 45p
6 UKR Anna KYSELOVA/Liubov CHUNIHOVSKA
8-5-9-(BFD)-8-5-5-10 MED 50p
7 POL Madeleine ZIELINSKA/Nadia ZIELINSKA
(14)-10-3-5-2-10-7-22 MED 59p
8 JPN 徳重エリカ/安田真世(日本経済大学)
3-2-(12)-6-9-9-8-22 MED 59p
9 GER Karoline PEPIN/Sabine BECKE
10-4-6-3-12-12-(13)-16 MED 61p
10 MAS Khairunnisa MOHD AFENDY/Ameira Izla ZULKIFLI
2-(15)-8-7-5-15-12-16 MED 65p

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:45| ジュニア・ユース