2011年01月25日

三保ミッドウインター開催

11.01.25_01.jpg
シーホッパーミッドウインターは、冬の富士山を背景に美しい静岡県・三保の松原でおこなわれました

 1月22〜23日にかけて毎冬恒例の「三保ミッドウィンター」が風光明媚な静岡県三保海岸で行われました。2010千葉国体シーホッパー級SR優勝の長谷川哲子選手(豊田自動織機)を招待選手に迎え、シーホッパー級のレギュラー、SR合わせて28艇が参加しました。(レポート・写真/日本シーホッパー協会)

 22日(土)はトライアルレース、23日(日)に本番3レースが実施されました。三保湾の中ということもあり、レース海面には巨大なタンカーが錨泊中。終始、微〜軽風コンディションの中、振れまわる風と島のような大型船の影響を考えたコース引きを迫られ、見ていて非常に面白いレースが行われました。

 成績はレギュラークラスで地元清水の水野 本選手が優勝です。彼はトライアルレースでも優勝していて「トライアル1位は優勝できない」というジンクスを見事に打ち破ってくれました。

 SRクラスは、勝てば「夫婦デュエット優勝」となる水野三喜選手の4-1-1という猛追を振り切って、地元静岡の兼子えみ選手が1-2-2(5p)という安定したスコアで優勝。猛追はさぞ恐かったでしょうが、見事に打ち勝ちました。

 三保ミッドウィンターの表彰式では選手全員に景品が当たる「大抽選大会」が行われました。今年の目玉はオクムラボートさんより協賛された「ロアーマスト」が、昨年の「ブーム」に続いて提供され、少年男子の光村選手がゲットしました。

 今年のシーホッパー級全日本選手権は、7月29〜31日に山梨県山中湖で行われる予定です。また東日本選手権(秋田県男鹿)、西日本(場所未定)も予定され、シーホッパー級のレースは全国各地で盛んに行っていきます。みなさんの参加をお待ちしています。

◎日本シーホッパー協会
http://www.seahopper.net/

11.01.25_02.jpg
レース海面にタンカー

11.01.25_05.jpg
選手、運営スタッフ全員で記念撮影です

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:00| Comment(0) | ディンギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。