2011年01月27日

若手旋風、マイアミOCR

11.01.27_04.jpg
パラリンピック2人乗り種目のSKUD18。Rolex / Daniel Forster

 米マイアミで29日まで開催されている「マイアミOCR」。ISAFワールドカップ第2戦となるこの大会は、オリンピック、パラリンピック艇種による五輪イベントで53カ国から716名の選手が集まりました。日本からはRS:X級男子に単身でマイアミに乗り込んだ富澤 慎(関東自動車工業)が出場しています。(BHM編集部)

 大会は中盤を迎えていて、今回もGBRの活躍が際立っています。470級男子では、新鋭Patience/Bithellと、2度のワールドチャンプを獲得したAsher/Willisが競り合っている状況。ここに、昨年のワールド優勝でワールドカップ覇者でもあるBelcher/Page(AUS)が絡んでくるという図式です。

 昨年10月江の島オリンピックウィーク、和歌山インターナショナルレガッタに来日し、その後オーストラリアを転戦していたLeboucher/Garos(FRA)も6位につけているし、一昨年ワールド1位、昨年3位のFantela/Marenic(CRO)も上位安定。若手セーラーがガンガン活躍している印象を受けます。

 このマイアミOCRでは、(選手が集まらず中止になりがちにある)パラリンピック種目3種目がおこなわれていることにも注目です。SKUD18級に7艇、ソナー級に12艇、2.4mR級に28艇が集まっています。

◎Rolex Miami OCR
http://rmocr.ussailing.org/Rolex_Miami_OCR.htm

11.01.27_07.jpg
トップ3をGBRが占める49er級。国内選抜をおこなっているかのようです。Rolex / Daniel Forster

11.01.27_03.jpg
パラリンピック種目のソナー級。Rolex / Daniel Forster

11.01.27_06.jpg
最大フリートとなるレーザー級は102艇が出場してます。Rolex / Daniel Forster

11.01.27_05.jpg
RS:X級男子。中央のJPNは富澤選手。Rolex / Daniel Forster

11.01.27_08.jpg
フランスの470級トップ女子チーム、Ingrid / Nadege。Rolex / Daniel Forster

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:54| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。