2011年02月07日

AC45に試乗するNZL若手セーラー


 昨年11月パースのサンシーカー・オーストラリアカップで優勝したフィル・ロバートソン(23歳)、リューベン・コルベット(23歳)などニュージーランドの若手がAC45に試乗した様子です。バルクヘッドマガジンでは何度か紹介しましたが、ロイヤルニュージーランドヨットスコードロンにはユースプログラムがあり、ここでディンギーやマッチレース、キールボートを学びます。今回試乗したのは、ここのユースセーラーのようです。(BHM編集部)

 また、6日まで同水域でセールオークランドが開催され、わかりやすいAC45のデモンストレーションにもなっていたようです。ところで、セールオークランドの470級には、前週のナショナルから英国のメダリスト、ニック・ロジャースが地味に復活出場していました(当然、両レガッタとも優勝)。もしやニックもAC45に試乗?と勘ぐりましたが、イギリスからはACに出場しないだろうし、国際470協会からはロンドン五輪活動に復帰するような話だし、ありえませんね。そもそも、AC45に試乗するのに470のレースに出ることないし。本当に復帰するのでしょうか?

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 22:50| Comment(0) | アメリカズカップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。